フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[東山民商]>[ニュース 2008年5月19日号]

東山民商ニュース 2008年5月19日号

No.294 2008年5月19日
京都府東山民主商工会
Tel:075-541-5116 FAX:075-541-4016
メール:h-minsyo@athena.ocn.ne.jp

京商連総会開かれる

5月11日(日)中小企業会館で第47回京商連総会が行われ代議員197名(東山民商から12名)が参加しました。

午前の全体会を踏まえ午後からテーマ別の分科会にわかれて討議をしました。各民商で取り組んでいることや経験などが出され教訓を引き出しました。

討議終了後再度全体会が行われ各分科会の報告と方針案・決算・予算が全員一致で採択されました。

総会表彰では東山民商は、残念ながら拡大の部門では該当する支部はありませんでしたが、役員会の毎月・6ヶ月以上開催で12支部(16支部中)が表彰されました。

最後に方針実践の先頭に立つ役員を選出し団結ガンバローを三唱して閉会しました。

京商連総会に続き全商連総会が5月24日〜26日と神戸で行われます。総会に向けて会員・読者拡大で奮闘しましょう。

美山へレクレーション

婦人部は5月のレクレーションで、11日、美山に行きました。10日から雨が降り心配しましたが当日は、小雨程度に一時なってだけで雨も上がりいい一日となりました。

参加者は20名で小型バスにちょうどのれました。お風呂に使ったり散策をしたり博物館を見たりで楽しかったという感想も寄せられています。

常任理事会

7日、民商事務所で常任理事会を行いました。今後の拡大運動を取り組むに当たって会員さんからの情報を集めるため会員訪問と合わせ新会員さんにも訴えていこうということになりました。

そして、新会員歓迎会を6月4日、事務所で行うことを決め案内を三役さんと一緒に回ることになりました。新会員さんは是非参加してください。

祗園清掃に参加を

とき:5月18日(日)午後2時〜
集合場所:おか(一二三ビル3階)

新会員歓迎会

とき:6月4日(水)午後5時〜7時
ところ:東山民商事務所

 

和物○市大いに賑わう

4月29日、東山三条近くの喫茶店をお借りして「和物○市」を行いました。当日は会員さんからの預り物の着物や帯、小物、履き物などたくさん出展がありました。天候にも恵まれ、開店前からお見えになるお客さんもいて、全部並べきれないままオープン。

着物好きの方や手芸用にとハギレを買ってくれる人などご近所や遠方からのお客様で大賑わい。

お店の方の協力もあり充実し次回を期待された一日でした。

眠っていたじゃまにされていた物が再度、喜ばれ利用されるのは嬉しい限りです。

追伸

この喫茶店は不登校の子供達のフリ−スペ−スを運営しているNPO法人です。コ−ヒ−に手づくりケ−キ付で350円、ランチも日替わりで500円、カレ−がとてもおいしかったです。
ついでがありましたらぜひご利用下さい。(お礼をかねて宣伝です。)
 ブティック・ギオン 藤原記

認定証(限度額適用認定証)の申請を

先日手術をしてもらったら医療費が20万円もかかった。高額医療で返ってくるのかという問い合わせがありました。

高額医療以上に医療費がかかった場合、後日超過分は支給されます。しかし、返却されるまで3〜4ヶ月がかかります。お金に余裕があればいいかもわかりませんが、多くはすぐにでも返却してほしいものです。最初から高額医療以上払わなければ負担にもなりません。

そのような場合は区役所にいって認定証をもらい、それを医療機関に提出すれば高額医療以上の請求がなくなります。みなさんの入院をしなくてはならなくなった場合は区役所にすぐに申請に行ってください。また、高額医療の金額も払えない場合は「一部負担免除」の申請もできます。困ったときは民商に連絡をしてください。

高額医療の金額

世帯区分 限度額
上位所得世帯 月150,000円+(総医療費の中で500,000円を超えた額の1%)
上位所得世帯以外の市民税課税世帯 月80,100円+(総医療費の中で267,000円を超えた額の1%)
市民税非課税世帯 月35,400円

年金が受けられた

会員訪問で年金のことが話題になりました。ある会員さんは60歳になったが年金の加入期間が300ヶ月に満たないことがわかりすぐに区役所に行って年金を払う手続をした。そして67歳になって初めて支給されるようになった。あのまま放置していたら何も貰えないところだった、と言っていました。そして、わずかな年金からも介護保険料や後期高齢者医療制度で保険料も天引きされることに対して怒っていました。

年金は加入期間が不足していると全く支給されません。自分の年金がどうなっているか心配な人は社会保険事務所に問い合わせましょう。

みんなで街を美しく

夜の繁華街を歩かなくなって久しい。最近になって健康のために散策するようになり、珍しく繁華街をのぞいてみたが、御池通り、三条通り、四条通り、河原町通り、烏丸通り、木屋町通りの、どの通りも強烈な光の洪水であった。特に新しく出来た店は、昼光の数倍の明るさの照明で、眼が痛いぐらいだ。いつの間にこんなギラギラの店が増えたのか、最近の若者は、この強烈な光に吸い寄せられ、財布の中身を吸い取られているように思える。まさに凄まじいエネルギーの消費である。

これに比べると祇園スナック街などはかわいらしいもので、赤や青のネオンがやさしく見える。若者はともかく、高齢者には情緒を感じる程度の、落ち着いた灯かりがふさわしいようである。

ネオン美しい祇園も昼間に見るとあまりいただけない。カラスが食い散らかしたのであろうかゴミも散乱している。生ゴミはカラスだけでなく浮浪者や野良犬・野良猫・ネズミなども呼び寄せる。夜美しい街は、昼間も美しくなくてはならない。

祇園一帯は京都の顔でもある。観光客を幻滅させる事態は避けるべきである。白川清掃に続いての街の美化運動は、祇園活性化の基本をなす理念だと思う。

こういった街ぐるみのボランティア活動は、自分たちの周囲に少しづつ花を咲かせる。

民商活動というのは、地域とそこに住む人と一体になってこそ力を発揮します。その一環としてボランティアに取り組んでいます。地域の発展なくして民商の発展はありません。みんなで力を合わせて、東山を、より豊かに、より美しく、より住みやすい街にしていきたいものです。

前田記

祇園清掃ボランティアにこぞって参加しょう。

日時:5月18日(日)2時から約1、2時間(小雨決行)
集合:『おか』  電話 551-2566
  清掃に必要なものは全て用意します。
  詳細についての問い合せは東山民商事務局まで(電話:541-5116)

街を美しくする運動は、京都市民全体の問題であります。地域支部の方もぜひ参加して下さい。

多くの方のご協力よろしくお願いします。

高齢者にも明日はある

東山区は全国有数の高齢者の街です。六十歳以上の方がついに人口の半数を越えました。下宿している学生を除くと、若者の姿はほとんど見掛けません。ますます老齢化が進む中で、高齢者に未来はあるのでしょうか。

歳をとるにつれて収入が減っていくのは当然のことです。元々少ない年金も、なんだかんだと差引かれて少しずつ目減りしていきます。医療費も年々上がってきました。生活費を切り詰めるのにも限度があります。歳を取ってから生活の心配をするのは悲劇です。

私達庶民は何のために今まで働いてきたのでしょうか、現在の結果を見ると、社会の仕組み自体に、大変疑問を感じます。

自然界においては、老いた生き物は餌にありつけず、肉食獣にも狙われ、生き残るのは容易ではありません。

老いて弱くなったものが滅び、若くて強いものが育っていく、これは厳然たる自然の法則ですが、『長い間働いてきた労苦に報いる』という考え方こそ人間の理性の現れであります。『役に立たず金ばかり掛かる老人は早く消えてなくなれ』という政治のあり方には、ヒューマニティというものが感じられません。こういう世の中にあって、高齢者はどう生きるべきか、幾つかの提言を述べてみたいと思います。

老いたからといって、みじめになることはありません。力の限り生きて、立派な最後でしめくくりたいものです。( 前田記)

【新連載】、庶民の眼から見た日本の歩み(仮題)

明治に入って日本は大きく変貌しました。封建時代から民主主義の時代へ、親から子へと引き継いできた過程は、私達が築いてきた歴史であります。明治初年からの一年ごとの出来事を、庶民の眼線で追ってみたいと思います。(一般記事の合間に連載します)その他にも何人かの人に連載記事をお願いする予定です。みんなでいい東山民商ニュースを作っていきましょう。