フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[東山民商]>[ニュース]

東山民商ニュース 2007年11月26日(No.272)号

ダイレクト発送

祗園地域で営業されているお店に民商のダイレクトを送りました。年末調整の書類が送られてきたり税務署からのお尋ね等がくるこの時期に民商を知らせるために比較的新しいお店に送ったものです。

今年の確定申告は定率減税の廃止や損害保険料控除の変更などがあり会員さんの中でも班会議を開いて学習をすることが必要です。

また、発送したところや今年初めて申告されるところなどお知り合いがいましたら声を掛けていただきたいと思います。

元会員さんが入会

祗園で廃業で民商を退会されていた人がまたお店をしたからと入会されました。

民商ではいろいろな相談を行っていることから商売をしたらまた民商に入会することを考えていたそうです。

民商パンフの活用を

民商パンフを2冊会員さんに役員さんや事務局から手渡しを行なっています。

1部は自分が読む分でもう1部が知り合い等に手渡しを行なってもらう分です。積極的に活用してください。また、誰に渡したのか報告してもらう文書も入っていますのでよろしくお願いします。

職人創作展始まる

七宝で作った祇園まつりの鉾(前田正子さん制作)
七宝で作った祇園まつりの鉾
前田正子さん制作

11月20日から25日までの予定で職人創作展が始まりました。19日には搬入を行なって20日の朝から出展者が分担をしてお客さんに声を掛けていました。

出展者から聞いて、ポスタ−を見てと参加者が訪れていました。そして、出品された作品のことなどを聞きながら買い求めている人もいました。

今年は会場の都合で販売も行なっています。是非一度「伝産ものづくり会」の作品をご覧になって技を見て欲しいものです。

最終日は25日(日)です。 会場は「五条坂 くるる」。

東山職人創作展 11月20日から25日

木枯らし一号が吹いた。

風の冷たさから季節の変わり目がわかる。この頃になると毎年前進座を思い出す。先日も前進座の人と一緒に八坂塔の下商店街界隈を宣伝兼インタビューで訪問した。紅葉で色づいた東山の麓は車と人で連日騒々しく何となく慌ただしい。そんな中で東山職人創作展が始まった。どんな内容なのか少し紹介させていただきたいと思う。4回目の今年は12人が参加した。

小嶋さん(提灯):小嶋さんはいろいろな提灯の展示と提灯作りの体験コーナーを担当してます。一度挑戦して下さい。

勝野さん(陶磁器):勝野さんの作品の特徴は造形美もさることながら、白磁や青白磁に見られる釉の色合いにある。色の美しさをぜひご覧下さい。

岡山さん(陶磁器):今回の岡山さんはぐい呑みの特集です。これからは酒のうまい季節。熱燗でご一献を。

市川さん(陶磁器):現在病気静養中の市川さんには、無理をお願いしてお地蔵さんの置物と香立てを出品していただきました。

松村さん(指し物):指し物師は今、大変貴重な存在です。木目を生かした細工物は好事家には垂涎の的です。もう一度価値を見直して下さい。

前田さん(七宝):有線七宝額の祇園祭りの伝統的な技術や、茶たく他の新しい感覚に挑む力作をぜひご覧下さい。

庄路さん(ビーズ):見て楽しい。使って楽しい小物の数々です。これだけの物を作るエネルギーには感心させられます。

辻本さん(煎餅):三善製菓では新しい商品開発と共に包装にも力を入れています。贈答品にぜひご利用下さい。

藤原さん(服飾):着物をリホームした創作婦人服から小物まで手広く活動しています。女性ならでは感覚をお楽しみ下さい。

吉田さん(帯):丹後からの参加です。創作帯の絢爛さは目を惹きます。

南部さん(団扇):夏の風物詩の団扇ですが、着物地を使った高級物はインテリアにも最適です。

他に布施さんが竹細工として賛助出品してくれました。

皆様のご来場を心からお待ちしています。

  もの作りの会一同

 

情報箱

○取り戻そう!いのちのかかった市政を中小業者の手で

中村和雄市長とプラスワン民商実現!
12・11中小業者決起集会
 日時:12月11日(火)7時開会
 会場:メルパルク京都(旧称 ぱるるプラザ京都)5階会議室
全ての班から参加をお願いします。

○消費税増税明記

政府税制調査会は「抜本的な税制改革に向けた基本的考え方」とする答申を取りまとめました。答申によると「消費税は、税制における社会保障財源の中核を担うにふさわしい」とした上で、社会保障費を「消費税率を引き上げていくことによって賄うとの姿勢を明らかにすること」を求めています。また、配偶者控除や配偶者特別控除、扶養控除の「見直し」にもふれています。

消費税が社会保障財源に使われていないことは、この間の負担増をみれば明らかにもかかわらず、また、同じことを言って消費税増税を打ち出すとはもってのほかです。いまこそ「消費税増税・不公平税制を正せ」の運動を強めていくことが必要です。

中小業者には消費税増税、輸出大企業には戻し税

2006年分輸出大企業10社の消費税差引還付金額(億円)

@トヨタ自動車 2869 Eマツダ 773
Aソニ− 1450 F松下電器産業 705
B本田技研工業 948 G東芝 626
Cキャノン 931 Hスズキ 503
D日産自動車 872 I三菱重工業 422
10社合計10,059億円

○介護見舞金を受けられた人からの手紙

介護見舞金をいただきありがとうございます。毎日の介護は、当然のこととは思いつつ、時には疲れからストレスが溜まってしまいます。
この様に、共済会からお見舞金を頂くと、感謝と共に、また頑張ろう!と思います。本当にありがとうございます。

A日々介護に追われ、ついついぐちも出ることは多々あります。自分達も遠いことではないと思いつつ。心身共に疲れます。けれどこうして給付という形で私たちを応援して下さることを大きな支えと感じます。商工会さんも財政困難な中、恐縮しています。ありがとうございます。
介護にあたる私達が元気で仕事、介護にがんばります。

クリスマスパ―ティ―

今年もクリスマアスパ‐ティ‐を行ないます。参加者は事前に申し込んでください。

とき 12月24日(月・祝) 午後6時〜
ところ おかさん
参加費 2千円

婦人部ニュ−ス

東山民商婦人部総会を以下の日程で行います。弁当の用意をしますので事前に申し込んでください。

とき:12月2日(日) ところ:ふれあい・やすらぎ館
午前11時〜 中国風ストレッチ体操、午前12時〜食事(弁当)
午後1時〜総会(午後3時30分終了予定)