フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2017年7月31日号 No.405]

北民商ニュース 2017年7月31日号 No.405

北区国保懇談会・減額申請

21日、北民商と北区社保協11人の参加で国保改善を求めて、北区役所に申し入れを行いました。

国保改善を求めて、北区役所に申入れ課長さんからは、「国保は公平で適正な負担が必要」「保険料滞納者には話を聞き、柔軟に対応する」など出されました。

参加者から、「公平な負担と言うが、所得200万で40万の国保料の人と、1,000万で87万の人が公平と言えるのか。低所得者には重すぎる」「民医連の調査で全国で58人、この北区でも1人受診遅れで亡くなった人がいる。年金で生活がやっとで、医療費が払えないと医者にかかれなかった。こんな犠牲者を二度と出してはならない」など実情が出されました。

また、来年の国保都道府県化については「具体的にまだわからない」と、去年まで制度が良くなると賛成していたのとは打って変わったような頼りなさでした。引き続き、私たちの要望を実現していく運動が必要です。国保でお困りの方はご相談ください。

倉敷民商弾圧事件について学ぶ

拘留された当時の様子を語る禰屋さん7月24・25日、京商連事務局員交流会が岡山県倉敷市内で行われ、北民商事務局も参加しました。

まず、倉敷民商弾圧事の裁判でたたかう則武弁護士を講師に学習しました。

「倉敷民商事件は、零細業者のくらしと権利を守るため、消費税増税などの悪政とたたかう民商運動にダメージを与えることを意図した明らかに弾圧と言える事件。相手は共謀罪も強行し、国民を縛る準備を整えている。負けないよう、納税者の権利を守る運動を委縮させず、がんばってほしい。」と訴えられました。倉敷民商事務所で捜索の状況を話す小原さん、須増さんその後、倉敷民商へも行き、役員さんや、裁判を闘う小原さん・須増さん・禰屋さんの3人の事務局のみなさんが、当時、突然の捜索の緊迫した様子をリアルに話してくださいました。

黙秘を貫いたため400日以上拘留された禰屋さんは、「これは倉敷だけの闘いじゃない。私が折れたら全国の民商がつぶされると思って頑張れました。全国からの激励や、外で聞こえる宣伝カーの音に励まされ力にすることができた。」と話されました。

民商では、倉敷民商事件の裁判を支援する署名を集めています。ぜひ、ご協力ください。

健康診断結果報告・学習会ご案内

6月に行った集団健康診断の結果報告会を行います。

今回は、高血圧、生活習慣病や、今旬の健康問題について、上京診療所の草野医師よりお話ししていただきます。お気軽にご参加下さい。

※健康診断受診された方は、結果をお持ちください。

◇日時…8月2日(水) 夜7時〜8時30分
◇ところ…北民商事務所2階

第37回平和のための京都の戦争展

今、日本の国は戦争の道へと進んでいこうとしています。再び戦争はしないと固く誓った憲法9条を必ず守りましょう。そして、戦争の惨禍を学び、平和を追求しましょう。

映画上映、戦争体験の講演、平和のコンサート、子ども向け企画ピーススクールなどもあります。

◇日時…8月1日(火)〜8月6日(日) 午前9時30分〜午後4時30分
◇ところ…立命館大学国際平和ミュージアム
◇主催…平和のための京都の戦争展実行委員会

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆