フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2017年7月24日号 No.404]

北民商ニュース 2017年7月24日号 No.404

いのちを守る国保・医療制度に

国保料が高い、払えないと相談会に2名の方が参加されました。

「今年の国保料は22万円。家族2人で働いてギリギリ生活費が出ている。月2万円ちょっとの国保料が払えない」と、嘆くAさん。去年頃から材料代が高騰し、経費の支払いが大変。単価の安い仕事だと工賃も出ない。仕入先に待ってもらうこともある」仕事自体も減って、奥さんはパートにも出ていますが、毎月のやりくりが大変です。

常に病院で診察を受けているBさんは、「薬代が毎月決まっていて、負担が多くしんどい。何とかできないか」と相談。医療費は、医療機関の低額無料診療を受けているが、薬代まではケアできません。また、今の一部負担金免除制度では、所得要件や、世帯全員の預貯金の提出、3ヶ月以内に治癒する病状など、大変厳しい条件です。制度の改善が求められます。

誰もがしんどい時でも安心して受けられるのが社会保障ではないでしょうか。

北区に子ども食堂を!

12日、「北区で子ども食堂を実現させる準備会」主催の学習会が行われ、北民商からも参加しました。

「子どもの貧困の実態と子ども食堂のとりくみ」と題して、実際に活動されている、『山科醍醐こどもひろば』代表の品田さんが話しました。

「18歳未満の子どもの7人に1人が貧困。子どもが安心・安全に過ごすことのできる場所をつくり、食事や、学習、休日を一緒に過ごすなどの活動を通して、困っている子どもの自己肯定感を育てる。子ども食堂は、地域に隠れている自分達の目の前の困っている子どもを発見し、それを地域の人、行政も巻き込んで共有することが大事。」また、子ども達の切実な実態も聞き、運営の仕方も、具体的な事例を交えながら学習しました。

北区でも10月をめどに、場所やスタッフ、など決めながら動き出そうと話し合いました。

民商共済の給付を受けられた方からのお便りを紹介します。

★前略。今夏、家族と孫と小旅行を計画しています。今回思わぬ長寿祝い金を頂き、旅行の一部に使わさせて頂きます。本当にありがとうございます。御礼まで。敬具
要望、65歳〜70歳までに加入された方も半分の25,000円位支給してあげて下さい。

健康診断結果報告・学習会ご案内

6月に行った集団健康診断の結果報告会を行います。今回は、生活習慣病や、今旬の健康問題について、上京診療所の草野医師よりお話ししていただきます。

お気軽にご参加下さい。
◇日時…8月2日(水) 夜7時〜8時30分
◇ところ…北民商事務所2階
※健康診断受診された方は、結果をお持ちください。

第37回平和のための京都の戦争展

今、日本の国は戦争の道へと進んでいこうとしています。再び戦争はしないと固く誓った憲法9条を必ず守りましょう。そして、戦争の惨禍を学び、平和を追求しましょう。

映画上映、戦争体験の講演、平和のコンサート、子ども向け企画ピーススクールなどもあります。

◇日時…8月1日(火)〜8月6日(日)、午前9時30分〜午後4時30分
◇ところ…立命館大学国際平和ミュージアム
◇主催…平和のための京都の戦争展実行委員会

西賀茂平和まつりのお知らせ

第42回西賀茂平和まつりが開催されます。北民商も出店しますので、ぜひご来場ください。

★日時…7月29日(土)夕方6時〜9時
★会場…大宮・鹿ノ下公園

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆