フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2017年6月19日号 No.399]

北民商ニュース 2017年6月19日号 No.399

上京税務署から収支内訳書届く

6月9日付けで、上京税務署から収支内訳書の「提出について」との文書が一斉に送られてきています。

民商へ、「今年も届いたが、出さなあかんのか不安」「出さんかったら調査があるのか」と、問い合わせが相次いでいます。

収支内訳書を出す、出さないは、納税者一人ひとりが決めることで、提出しなくても罰則はありません。

今年2月の上京税務署との交渉で、「内訳書提出の強要はしない。未提出者への不利益扱ははしない」と、回答を引き出しています。

国会でも、「零細業者に過大な負担を押し付けてはならない」という付帯決議を行っています。

班、支部で対策を話しあい、納税者の権利を学びあいましょう。

還付金詐欺にご注意!

先日会員のAさんに、『区役所の職員』という人から電話で「昨年の国保料が、3万2千411円支払いすぎでしたので還付します」と連絡があり、Aさんは「昨年は国保料減額申請をしたのでその分かな」と一瞬思いましたが、話しがうますぎるので「そんな通知きてない」Aさん。『去年の10月頃に送付しました』。「とりあえず仕事中で忙しい」『では委託会社に連絡します』と、電話が切られました。

きっちり2分後、『還付の委託会社です』と電話。「これは怪しい」と思い「もういらんわ」と断ると、『では区役所に連絡しときます』。

後で区役所に問い合わせると、「Aさんの還付金は存在しない。区役所から還付金の電話をすることはしない」と確認できました。

医療費、国保料の還付金詐欺にご注意を。

国民年金免除を活用しよう

会員さんから、「国民年金の免除申請はどうすればいいの?」と問い合わせがありました。

国民年金保険料免除制度は、納付が困難な場合、申請により保険料の全額または、一部が免除されます。

前年所得の基準範囲は、

◇全額免除   ・(扶養親族の数+1)×35万円+22万円 以内
◇4分の3免除 ・78万円+扶養親族等控除額+社会保険料等控除額
◇半額免除   ・118万円+扶養親等控除額+社会保険料控除額
◇4分の1免除 ・158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
◇納付猶予制度 ・(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円 以内

申請書は、年金事務所または区役所の国民年金担当窓口にありますので、そちらで申請できます。

記帳相談会のお知らせ

商売や暮らしを守る上でも、記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は北民商です。

◇日時:@28日(水)昼1時30分〜、A夕方6時〜
◇持ち物:電卓、筆記用具、領収書、伝票、普段つけている帳簿。

上半期源泉計算会のお知らせ

源泉所得税の上半期、1月から6月給与の計算会を行います。対象の方はご参加を。

◇日時:@7月3日(月)昼1時30分〜3時、A夜6時30分〜7時30分
◇持ち物:税務署から届いた書類一式
(納付書等)、給与台帳、電卓、筆記用具
※参加される日時を事務所へお知らせください。

夏季特別生活資金貸付

◇日時…7月10日(月)〜12日(水) 午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇ところ…北区役所3階会議室
◇持ち物…印鑑、健康保険証(世帯全員分、コピー可)
◇貸付内容…@一世帯15万円限度 A無担保、無保証人、無利子
◇貸付日…7月25日(火)
◇問い合わせ…区役所生活福祉課管理担当 電話:075-432-1309

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆