フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2017年1月30日号 No.381]

北民商ニュース 2017年1月30日号 No.381

危険だらけのマイナンバー

マイナンバーと自主申告学習会23日、「マイナンバーと自主申告学習会」を開催しました。

「今年の確定申告書には個人番号欄が追加。これからはカード申請の推進と共に、利用範囲もどんどん追加され、銀行口座や医療情報、クレジットカード等々、大事な個人情報がICチップ化される。」

「この制度の本当の狙いは国民の収入財産をつかみ、税・保険料の徴収強化と社会保障の給付削減と国民監視」

参加者から、「家族が勤め先にマイナンバー出した」「流出したら大変危険」「番号書かなくても罰則も不利益もない。番号は書かない、出さない、持たない、カードはつくらない、情報蓄積もさせない」「それがもっともやね」

今年は、マイナンバー制度の廃止を求める怒りの申告をしましょう。

恒例、年の初めは前進座観劇

22日、先斗町歌舞練場にて「京商連新春前進座観劇会」に北民商の会員さんも観劇しました。

開演前、壇上から、京商連三役さんが「仲間増やしにご協力を」と春の運動の訴えをしました。

1部は、新春らしく華やかに舞台は京都、牛若丸と弁慶の立ち回りや鞍馬天狗も登場し、迫力ある歌舞伎の醍醐味を見せてもらいました。

2部は一転、中村梅之助さん一周忌追善として、落語でお馴染み、「人情噺文七元結」。貧乏だが江戸っ子の職人らしい意地と人情の泣いたり笑ったりの、ちょっと良い感じの人間関係が素敵な舞台でした。

春の仲間ふやし運動すすむ

春の運動がすすんでいます。2月4、5日に群馬で全国会長会議が行われ、弥吉会長が出席されます。

この会議に向けて、一年前の会員・読者の現勢を突破することが目標です。

現在、会員は1月2名入会で後1名、読者は10名購読約束で、後6名で目標達成です。

先週の行動では、土地の売却での申告相談があった方に購読していただきました。

また、「知り合いの西陣の業者さんに声かけ、購読してもらった」。「保険代理店の人にとってもらった」など、仲間ふやしの活動が広がっています。

みなさん、ぜひ、民商の声かけをお願いします!

自主計算パンフで学ぼう 3

日本の納税者権利の保護状況国税通則法の改悪により、税務調査における税務署員の権限が強化され、強権的な調査が行われています。

日本の納税者権利の保護状況は世界からみても遅れています。民商・全商連は、2010年に「納税者の権利憲章」(第2次案)を発表するなど、納税者の権利確立の運動の先頭に立って奮闘しています。

第6回営業経験語る会

今回の営業経験語る会は、鷹ヶ峰支部で染色・ろうけつ染めをされている内田敬三さんが人生、商売を語ります。ぜひ、お気軽にご参加下さい。

♪日時…2月21日(火)午後7時30分〜
♪場所…北民商事務所2階会議室

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆