フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2016年4月25日号 No.345]

北民商ニュース 2016年4月25日号 No.345

戦争法廃止署名を集めよう!

全国で「戦争法廃止を求める統一署名」を、2000万人分集めようと、頑張っています。北民商でも、1会員10署名の3000人目標で取り組んでいます。

いつも署名を持ち歩いている人や、知り合いに署名を送って集めている人、また、飲食店の方は、ステッカーを貼った缶にハガキ型の署名を入れ、テーブルにおき、お客さんにもかいてもらっている人もいます。

パン屋の店のレジ横に置いた署名には、他府県や海外の住所が書かれています。旅行で京都を訪れた方も、快く署名してくれます。

16日には、3名の役員さんが参加し、戦争法と消費税増税反対の2つの署名持って、民商の仲間増やしの依頼と共に会員さん訪問をしました。

「近所の人に書いてもらうわ」など、反応もあり、月曜日に届けてくれる人もありました。

『平和でこそ商売繁盛』を信条にしている民商だからこそ、今頑張りましょう!

民商出番の情勢、仲間を増やそう

先日、税金の還付金を差押えされた業者が民商に入会されました。役員・事務局と一緒に役所と交渉した結果、還付金は戻されることになりました。経費がわからなかった確定申告についても、一昨年分は見直すことに。国保料や市民税の負担も大幅に減らすことができそうです。民商の自主計算・自主申告の運動が生かされています。

また、飲食業者からは、運転資金の融資相談がありました。銀行の事業ローンは断られたそうで、制度融資を申込む予定です。

小売業者の方からは、「住宅ローンの金利が高すぎる」との相談もありました。

中小業者は要求がいっぱいです。いま民商では、5月の全商連総会に向けて、会員・読者・共済会を増やそうと運動しています。

中小業者は相談相手を求めています。お知り合いの業者を紹介して下さい。商工新聞の購読と民商入会を訴えて下さい。その一声が、民商を増やし、中小業者の要求実現をする力です。

高齢者向け給付金について

会員さんより、「テレビで給付金のことを言っているが本当に出るのか」と問い合わせが寄せられています。「年金生活者等支援臨時福祉給付金」は、1回限りで、景気対策というより選挙対策のように見えます。バラマキより、消費税増税を中止し、5%にもどすべきですが、給付対象者には申請用紙が送られます。支給額は3万円です。

◇対象者…65歳以上で、非課税の方。
◇申請…5月10日より、対象者宛に市より申請用紙が順次送付されます。締切りは9月12日です。
◇問い合わせ…市「臨時福祉給付金」コールセンター Tel:075-251-2360

中小業者フォトコンテストのお知らせ

京商連文化厚生部会主催の中小業者フォトコンテスト。入賞作品は、6月5日の京商連定期総会で展示されます。ふるってご応募ください。

【応募テーマ】
 @一般・文化の部…風景、動物、スナップ写真
 A民商活動の部…集会、班会、訪問・宣伝活動等
【応募資格】会員と家族、従業員、商工新聞読者
【締切り】5月16日(月)京商連必着
【細則】◎1人1点、家族で2点まで。
 ◎入賞作品の版権は主催者に帰属します。
 ◎応募票を作品の裏面に貼り付けしてください。
 ◎応募票は民商事務所にあります。

熊本地震・被災者支援のお願い

4月14日発生の熊本地震の被害は甚大です。民商会員の自宅、店舗も全壊、半壊など被害を受けています。

全商連では義援金を募り、九州近隣の民商から支援物資を届けています。北民商は、支援物資として飲料水120リットルを送りました。事務所で義援金箱を設けています。ご支援よろしくお願いします。

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆