フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2016年1月25日号 No.333]

北民商ニュース 2016年1月25日号 No.333

新春のつどいで元気にスタート

北民商新春のつどい17日、北民商新春のつどいを開催し、43名が参加しました。

弥吉会長より、「商店街も廃業が増え、さみしい思いがする。以前、中小業者が中心になった消防団も担い手が減っている。私たちが長年やってきた消費税廃止運動、昨年の顔出しアピールビラが商工新聞の新年号に掲載されている。運動の成果に確信を持ったし、この力で10%増税ストップさせよう。平和でこそ商売繁盛。戦争法廃止署名を集めましょう。集まって相談する、民商らしい組織をつくりましょう」と挨拶。北民商新春のつどい

第二部は、昨年に引き続き、ハーモニカ演奏と歌声。「原爆許すまじ」「戦争を知らない子どもたち」「高原列車は行く」「リンゴの唄」など、懐かしい青春時代の曲で盛り上がり、次々とリクエストが入りました。

また、京都3択クイズや恒例のビンゴ大会では、「カニあたったー!」「買い物券ゲット!」の喜びの声であふれました。

税金の民商の出番、春の拡大運動

会員さんから、「知人が開業したので相談にのって」と、紹介がありました。

「開業の手続きは、自分で行ったが、日常の記帳や実務がわからない」と、相談をうけました。

民商の自主計算・自主申告について話をし、ぜひ民商に入って仲間とともに営業を守りあいましょう、と訴え、商工新聞を購読してもらいました。

いよいよ確定申告も近づき、税金の民商の出番です。民商は今、仲間を増やす紹介運動をしています。確定申告や滞納、労働保険、マイナンバーなど業者の悩みはつきません。

ぜひ、困っている業者に「民商に相談したら?」と一声かけ、お知り合いを紹介して下さい。

新春前進座観劇会「夢千代日記」

10日、恒例の京商連新春前進座観劇会に、北民商から13名が参加しました。

演目は、テレビでもおなじみ「夢千代日記」。

広島で体内被爆をした芸者・夢千代と、様々な事情を抱えた人たちが登場し、被爆、中国残留孤児など、戦争の爪痕がテーマとなっている舞台でした。それぞれの人間ドラマが交錯し、涙なしには見られませんでした。

この日はえべっさんで、公演初日ということもあり、女優さんによる餅まきと、獅子舞でにぎわいました。

「平和のバトンを子ども達に!」つどい

昨年強行採決された戦争法・安保法制は絶対に許せません。いま全国で2000万人署名に取り組んでいます。京都からも大きな波を起しましょう。

◇日時…1月27日(水)午後7時〜8時40分
◇会場…北文化会館ホール(北大路タウン内)
◇講演…守田敏也さん(フリージャーナリスト)
北岡佳苗さん(安保法制に反対するママの会)
後藤正敏さん(日本キリスト教団上賀茂教会)
SEALDs KANSAI(予定)
◇主催…「平和のバトンを子ども達に」のつどい実行委員会

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

福島原発事故に対して国や東電は「年間20ミリシーベルト以下は被害とみなさない」と言う方針のもと、福島を切り捨てようとしています。本来、一般人の年間被ばく限度量は、1ミリシーベルトです。福島生業訴訟原告団は、意見公告を出すための募金のご協力を訴えています。引き続き支援をお願いします。