フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年11月30日号 No.327]

北民商ニュース 2015年11月30日号 No.327

マイナンバーは国民監視制度

先日、毎月恒例の署名宣伝行動を新大宮商店街などで行いました。

今回は、「マイナンバー制度の延期・廃止を求める請願」署名とマイナンバービラで対話。

小売店では、「私は賛成。国民の半分は税金払ってないとテレビで言ってた。取りっぱぐれなくて良いと思う」と。「そうではなく、社会保障費の抑制や国民監視を強め、消費税増税につながっていくのが、マイナンバー制度のねらいです」と話すと、署名してくださいました。

年配の女性は、「この前届いたけど、とりあえず置いている。勝手に番号をつけて、何されるのか…気味が悪い」と、こころよく署名。

居合わせた学生さんは、「実家にマイナンバーが届いたみたい。でも自分の番号は手元にないし、どうしていいのかわからない」と困った様子でした。商工新聞の号外を渡し、制度の本当の狙いを話しました。

マイナンバー制度の実態は、まだまだ知られておらず、学習と対話が大切です。署名を集め、制度を形骸化させていく運動を広げましょう。

戦争と経済、そして憲法

「戦争と経済」講演会(岡田知弘京大教授)京商連憲法講座第4回として、中小企業九条の会主催、岡田知弘京大教授の「戦争と経済」講演会に、北民商から8名が参加しました。

安倍政権の下、明文改憲策動、安保法制ごり押し、沖縄新基地強行、武器輸出、原発再稼働と、戦争できる国づくりを推進している。「戦争になれば景気がよくなる」という神話は幻である。

大戦時、西陣、室町、清水焼など平和産業が廃業し、軍事転換。京都でも軍需品生産地である馬町、西陣、太秦は空襲をうけた。

戦死者310万人。戦争で財閥は、石炭、鉄鋼、造船などで利益を得た。朝鮮戦争で、軍事・原子力産業で財閥が再構築されたが、中小商工業は6割が苦境で、休戦後廃業が増えた。

そして、60年代の高度成長で、所得を増加させた要因は、中小企業や農家を中心とした個人消費の拡大である。

〜経済は平和が大前提〜

安倍政権は、「富国強兵」国家をめざし、TPP、道州制で地域経済、社会、地方自治を破壊。辺野古の強権にみられる「戦争できる」国づくりをしている。経済は、「経世済民」で平和が大前提。平和と基本的人権は、「不断の努力」なしには実現しない。

地域経済発展のカギをにぎるのは、中小企業、小規模企業等である。中小企業振興条例や公契約条例も広がっている。憲法と地方自治の危険が広がる中で、改めて、「憲法を暮らしの中にいかす」ことが問われている、と訴えられました。

第31回記帳相談会

商売やくらしを守るうえで、記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は、北民商2階です。

◇日時:12月16日(水)@昼1:30〜 A夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

前進座初春観劇会のご案内

来年の前進座初春観劇会は、NHKドラマでおなじみの『夢千代日記』です。戦争がもたらした不幸な運命とたたかい、生きる物語りです。ぜひ、支部の仲間、ご家族そろってご鑑賞ください。会場は南座です。

◇日時…2016年1月10日(日)昼3時30分開演
◇料金…S席9千円、A席7千円、B席5千円(民商特別価格です)
※申し込みは事務局まで。

歳末特別生活資金貸付のご案内

くらしの資金にお困りの方は、無利子・無担保で申請ができます。

◇日時…12月9日(水)〜15日(火) ※土日除く 午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇会場…北区役所3階・第5会議室
◇持ち物…印鑑、健康保険証(世帯全員分)
◇貸付内容…15万円限度(1人3万円目安)、無担保・無利子・返済2年以内(前回分80%返済が要件) ※貸付日は12月24日(木)
◇問合せ…福祉介護課福祉担当 Tel:432-1306

年末調整・源泉実務のご案内

年末と年明けに、年末調整実務相談会を行います。

◇日時…@12月18日(金)昼1時30分〜3時30分
A16年1月7日(木)昼1時30分〜3時30分
B16年1月8日(金)夜7時〜9時
◇会場…北民商2階
◇持ち物…源泉書類、給与台帳、各種控除証明書、電卓、筆記用具

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

福島原発被害・完全賠償請求中小業者連絡会は、経済産業省と東電と交渉し、原発事故による営業損害賠償を継続するよう求めました。東電は、「賠償打ち切りは誤解。被害が続く限り賠償する」と約束しましたが、被災者の実態をみない事務的な手続きや、賠償縮小の方向で動いている実態が出されました。政府、東電は、被災者に寄り添い、責任をもって対応していくべきです。

引き続き、北民商として被災者の方に心を寄せた活動をしていきます。よろしくお願い致します。