フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年11月23日号 No.326]

北民商ニュース 2015年11月23日号 No.326

マイナンバーに広がる不安

マイナンバー(共通番号)が、通知され始めました。いまだに、何故こんな制度をつくったのか、多くの人が疑問に感じています。

「なんのメリットもない。国民が監視されるだけ」「公平な課税というが、もっとお金持ちから取ればいい」「個人番号カードは申請しなあかんのか」「会社から番号提出を言ってきたが、出さないと言ったら、それはおかしいと言われた」。

個人番号カード交付は、任意です。申請の必要はありません。また、マイナンバーの記載がなくても、書類は受け取るし、不利益がないことは、内閣府、国税庁、厚生労働省も認めています。しかし、プライバシー情報侵害の危険はあります。

マイナンバー制度の本当の目的は、@ 税の取り立て強化と、社会保障の削減、A 国民監視で、戦争する国づくりに利用、B 大企業・官僚・自民党の利権あさり(今週号の商工新聞1面)です。実施前から汚職で逮捕、マイナンバー詐欺で数百万の被害、年金情報流出で400万円詐欺など、事件が続いています。こんな制度は、廃止しかありません。

京都市に中小業者の実情訴える

16日、京商連として、京都市長に対して、「中小業者への施策を拡充し、地域経済の振興を求める」要請と懇談を行いました。京商連18名で、市側は5つの局から25名の課長が参加しました。

事前に渡した要請書についての回答後、参加者から、中小業者の実情、住宅・商店リフォーム助成創設での仕事おこし、国保・医療の改善、納税緩和措置の拡充、マイナンバー制度の延期・廃止、ビルの高さ制限緩和撤回、広告物条例の抜本改善等を訴えました。今後の協議も含めて、活かしていきます。

舞鶴へ平和学習バスツアー

舞鶴へ平和学習バスツアー15日、京商連共済会で平和バスツアーを行い、北民商から12名、全体で74名が参加しました。

軍港のまち・舞鶴を訪れ、世界記憶遺産に登録された「引揚記念館」や、終戦直後、祖国へ帰る朝鮮人労働者を乗せた浮島丸が舞鶴港で突然爆沈した事件の「殉難の碑」などを見学。平和委員会の方から、現在も残る戦時中の弾薬庫や、海上自衛隊基地の現状など、話を聞きました。

参加者から、「舞鶴の軍港のことはほとんど知らなかった。来れて良かった」「語り部の方からシベリア抑留の話しを聞いた。平和が一番と実感」と、感想が寄せられました。

前進座初春観劇会のご案内

来年の前進座初春観劇会は、NHKドラマでおなじみの『夢千代日記』です。戦争がもたらした不幸な運命とたたかい、生きる物語りです。ぜひ、支部の仲間、ご家族そろってご鑑賞ください。会場は南座です。

◇日時…16年1月10日(日)昼3時30分開演
◇料金…S席9千円、A席7千円、B席5千円(民商特別価格です)
※申し込みは事務局まで。

歳末特別生活資金貸付のご案内

くらしの資金にお困りの方は、無利子・無担保で申請ができます。

◇日時…12月9日(水)〜15日(火)※土日除く
午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇会場…北区役所3階・第5会議室
◇持ち物…印鑑、健康保険証(世帯全員分)
◇貸付内容…15万円限度(1人3万円目安)
無担保・無利子・返済2年以内(前回分80%返済が要件)
※貸付日は12月24日(木)
◇問合せ…福祉介護課福祉担当 Tel:432-1306

北区社保協定期総会・記念講演会

北民商も加盟する北区社会保障推進協議会第10回定期総会と記念講演会が開催されます。

◇日時…11月25日(水)午後6時30分〜
◇ところ…サテライト今宮地下ホール
◇講演…「京都市のこの間の社会保障改悪を斬る」南博之・京都社保協事務局長

共済会秋の歩こう会のお知らせ

共済会恒例の秋の歩こう会、今回は伏見稲荷大社周辺に行きます。ぜひ班・支部の仲間、ご家族こぞってご参加ください。

◇日時…11月29日(日)午前10時集合
◇集合場所…京阪「出町柳」駅前
◇行程…京阪「深草」下車→伏見稲荷大社→石峰寺(五百羅漢像)→藤森神社→京阪「墨染」駅解散(予定)
※小雨決行
※申し込みは、支部の役員さん、事務局迄
※お弁当(600円)が必要な方は、申し込み時に連絡下さい。

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

福島原発被害・完全賠償請求中小業者連絡会は、経済産業省と東電と交渉し、原発事故による営業損害賠償を継続するよう求めました。東電は、「賠償打ち切りは誤解。被害が続く限り賠償する」と約束しましたが、被災者の実態をみない事務的な手続きや、賠償縮小の方向で動いている実態が出されました。政府、東電は、被災者に寄り添い、責任をもって対応していくべきです。

引き続き、北民商として被災者の方に心を寄せた活動をしていきます。よろしくお願い致します。