フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年9月14日号 No.317]

北民商ニュース 2015年9月14日号 No.317

地元に根をはり、社会貢献を

平和で持続可能な経済・社会を探る、「第19回中小商工業全国交流・研究集会」に参加しました。

「いま、輝く地域密着の小企業・家族経営」がテーマのパネルディスカッションでは、神戸の惣菜屋さんの話しが圧巻でした。「10年前転業。手作りのお惣菜を少しずつ選べるごはん屋さんを開業。高齢者のニーズにあうと、弁当の配達と食堂として開始。『自分の子ども、孫たちにも、安心・安全な手作りのものをつくる』ことを最優先。『食材は、冷凍物、添加物は一切使わない』。家族経営で、早朝からつくり、『弁当のご飯が温かい』と喜ばれる。『同じ団体から注文があれば、違うおかずをお出しする』。支店をつくらないのは、味が変わる、考えが変わる、地元に対する信用にかかわるから。知的障害者の作業所を立ち上げ、町内会や老人会にもお知らせし、みんなが区別なく、社会の一員として働き、ふれあい、理解を深めている。地元に根を張り、社会貢献をしていくことは、地域に対する使命です。」と、しめくくりました。

以下次号!

パソコンの初歩の初歩を学ぶ

8日、「パソコン教室」を開催し、7名が参加しました。

会員さんより、「請求書をつくりたい」「仕事にいかしたい」「インターネットで調べ物をしたい」など要求があり開催しました。

今回は、「パソコンってなに?」をテーマに、事務局が講師となり、マウスやキーボードの使い方、文章の打ち方など、勉強しました。いざ実践に入ると、「ローマ字で打つのと、日本語で打つのどっちがええかな」「文字を消すのはどのボタン?」「勝手にひらがなが漢字になった!」など、にぎやかに質問が飛び交いました。

「次はいつするの?」と大変好評でしたので、次回の教室も検討中です。

京青協第39回定期総会開催

1日、京青協第39回定期総会が開催され、北民商から代表が参加しました。

代表発言では、中京民商より、「部員さんのお店訪問で、他業種の商売の奥深さを学んでいる」。東山民商より、「部員の要求からパソコン教室を再開」など、青年部らしい、元気な発言がありました。

今年は、全青協創立40周年で、各県青協でウェルカム企画に取り組みます。明るく楽しい青年部に、ぜひお知りあい、業者仲間、業者二世をご紹介下さい。

第28回記帳相談会

税金やくらしを守るうえでも、記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は、北民商2階です。

◇日時:@9月16日(水)昼1:30〜、A9月17日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

要介護家族を抱える世帯へのお見舞金申請について

京商連共済会では、要介護家族を抱えて、営業とくらしを支えて頑張っておられる会員の皆さんを対象に、お見舞金を実施します。申請は、各支部長、事務局までご連絡を。

◇対象:14年8月〜15年7月末に、3ヶ月以上家族の介護なしには日常生活に著しく支障をきたす介護の必要な家族がおられる民商会員の世帯。
◇内容:一世帯3千円
◇締切り:10月末まで

商売と人生を語る会のご案内

第一回目は、鳳徳支部の藤原さんです。開業して12年、国産小麦と塩と天然酵母の安全なパンづくりにこだわってきました。食の安全にこだわることで、政治の世界が見えてきたと語る藤原さんの商売・人生・パンへの思いなどお聞きし、みんなで交流しましょう。

◇日時:9月18日(金)夜7時より
◇会場:北民商2階

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

東京電力福島第一原発の排水路から、台風の影響で汚染水が外洋に流出しました。これで今年4月以降、7回目です。建屋周辺の地下水を海洋放出する「サブドレン」の運用が始まりましたが、廃炉作業への道はいまだ遠いものとなっています。

引き続き、北民商として被災地、被災者の方に心を寄せた支援を行っていきます。よろしくお願いします。