フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年8月10日号 No.313]

北民商ニュース 2015年8月10日号 No.313

平和でこそ商売繁盛!

7月25日、紫野の鞍馬口周辺の商店で、「戦争法案反対」署名行動を6名で行いました。

衆議院で安保法制が強行採決され、参議院で審議中ですが、「戦争法」を廃案にさせるため署名にご協力を、と対話しました。

酒屋さんは、「難しいことはわからんけど、戦争だけは絶対あかんと言える。平和が一番。ええ憲法があるのに、安倍さん、なに考えてるんやろね」と、力強く署名。

魚屋さんは、「私も戦争体験者です」と言い、署名をして下さいました。

建築屋さんは、「一人ひとり声をあげることが大事」と対話になりました。

いま、戦争法案の危険な中身と安倍政権に、全国で怒りが広がり、毎日いたるところでデモや集会が開かれ、「戦争法案反対」の声が高まっています。中小業者、学生、学者、ママパパ、幅広い層と一緒に、戦争する国づくりにストップをかけましょう。署名にもご協力下さい。

「和のものづくり展」10回目を迎え

第10回和のものづくり展7月18、19日に行った「第10回和のものづくり展」。実行委員長の刈谷さんの感想を紹介します。

実行委員長の刈谷さんの感想

「早いもので、この展示会も10回目を迎えることができました。来店して下さった方々、そして色々と協力して下さった方々、ありがとうございました。今回は、新しいメンバーが2人(陶芸、書家)が加わり、9店舗の出店となりました。来客数は約200名余りで、常連のお客様と今宮神社に来られた観光客でにぎわいました。

『つくり手』と『つかい手』、職人とお客さんとの直接の触れ合いを最も大切にしてきた「和のものづくり展」も10年続けていると、恒例の「夏の風物詩」的存在になってきているようにさえ思われます。小規模ではありますが、顔の見える商売と人の温かさを大切に、今後も続けていきたいと思います。

この10年、社会情勢はめまぐるしく変化しつつあります。価値観そのものまで変えてしまうような、大きな圧力さえ感じる今日この頃です。しかしながら、変わってはいけないもの、今だからこそ大切に守り、光らせなくてはならない物もあることを忘れないようにしたいと思います。私たちの商売もそうありたいと思います。」

音楽で平和を感じる

レコード音楽を聴く会(喫茶ムジーク)7月26日、共済会・婦人部共催で、「レコード音楽を聴く会」を喫茶ムジークで開き、13名が参加しました。

前半は、「なつかしのクラシック(SP盤)」。どこかで聴いた曲にノイズも入り、ノスタルジーあふれる時間となりました。ラストは、『この道』。「平和でこそ好きな音楽が聴ける。いつか来た道がこないようにしていこう」と、渡辺さんが語りました。

後半は、オペラやラテン、なんと八代亜紀を、重量感ある音で楽しみました。エルビス・プレスリーが歌う「明日に架ける橋」に、「エルビスが歌ってたなんて!」と一同感動しました。

第27回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。

会場は、北民商2階です。

◇日時:@8月26日(水)昼1:30〜 A8月27日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

先日、東京電力の元経営陣が強制起訴されました。検察審査会より、「非常時に対応するマニュアル等が存在しなかった」「合理的かつ適切な津波対策が講じられていれば、(中略)過酷事故の発生は十分に回避することができた」と指摘されています。原発事故から4年5ヶ月、被災者の賠償問題なども早期に進めていくべきです。

引き続き、北民商として心を寄せた支援をしていきたいと思います。よろしくお願い致します。