フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年5月25日号 No.302]

北民商ニュース 2015年5月25日号 No.302

力をあわせて仲間ふやし

16日、役員8名の参加で、消費税反対署名と拡大セットを持って、会員と読者の訪問をしました。読者や会外の方には、署名と民商の宣伝をし、当日は15の署名が集まりました。

対話では、「戦争立法」の閣議決定や増税のことで、「安倍さんやり過ぎや。どこまでいくのか不安」など、出されました。後日、早速署名を持ってきてくれたり、民商の入会勧めたと結集がありました。

現在、31日の60周年をむかえる京商連定期総会に向けて、仲間を増やす運動を進めています。

消費税反対署名も目標まで残り130署名となりました。力をあわせ、民商を強く大きくし、消費税増税をストップさせ、営業と暮らしを守りましょう。

「都構想」反対の民意勝利!

大阪市の廃止・解体を狙った住民投票が17日行われ、反対多数で政令市大阪市の存続が決まりました。

橋下維新の「都構想」は、カジノ構想であり、道州制も展望した、安倍政権の大企業開発中心の「成長戦略」と憲法改悪の動きと連動するものでした。この住民運動の勝利は、「戦争立法」や「沖縄辺野古基地」に反対するたたかい同様の全国的意義があり、安倍政権への大きなカウンターパンチになりました。

選挙と違い、資金や宣伝に制限がなく、維新は政党助成金5億円をつぎこんで、大量のテレビCMなど大物量作戦や、連日1千人の全国動員、タレント、官邸なども動かしての、なりふりかまわぬ大攻勢でした。

北民商でも大阪の民商支援で、できる限りの宣伝、対話等してきましたが、政党、地域振興会、商店会、住民、業界団体の幅広い「共同」の広がりと「草の根」の力で、歴史的勝利を勝ち取りました。今後の京都での運動にも生かしていけるたたかいでした。

伝統産業設備改修等補助金のお知らせ

《府・市の伝統産業の設備改修等補助金制度》

◎対象者:伝統産業に携わる業者
◎対象事業:30万円以上の設備改修、更新、新設、道具類の購入
◎補助金額:対象経費の3分の1以内で、府・市合わせて3分の2まで
◎申込み:5月29日締切り
◎問合せ:市産業観光局商工部伝統産業課 電話:075-222-3337
府商工労働観光部染織・工芸課 電話:075-414-4856

第24回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は北民商2階です。

◇日時:@5月27日(水)昼1:00〜 A5月28日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

京都市プレミアム商品・サービス券取扱店登録の案内

7月17日から発行される「京都市プレミアム商品・サービス券」の取扱店舗を、市が募集しています。

《取扱店参加対象》市内に店舗をおく小売業・飲食業・サービス業
《登録申込締切》5月29日(金)
《問合せ》京都市プレミアム商品券コールセンター 電話:0570-783-973

業者婦人のための教室

「辺野古に米軍基地はいらない!」と題して平和学習を行います。

◇日時:6月4日(木)夜7時から
◇ところ:中小企業会館7階708会議室
◇講師:川口真由美さん
◇主催:京商連婦人部協議会

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

政府は、東京電力福島第一原発事故に伴う、商工業者への賠償の期限を、17年2月まで(東電は16年2月で賠償を打ち切る予定に)することで調整しています。しかし、原発事故の究明も地域復興も道半ばの状態で、東電や政府だけの判断で決めることではありません。

引き続き、北民商として心を寄せた支援をしていきます。