フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年5月11日号 No.300]

北民商ニュース 2015年5月11日号 No.300

消費税署名一会員10人集めよう

4月25日、毎月恒例の署名宣伝行動を、烏丸鞍馬口周辺の商店で行いました。

小売店では、「昨日消費税40万を払ってきたところ。一括ではとてもじゃないけど払えないし、税理士に分割できるか相談をしたら、できるけど利息がつくと言われた。8%になってから本当に厳しい状態」と、切実な声が出されました。

食料品店では、「国が赤字やし仕方ないんちゃう」と諦めの声。消費税が上がっても社会保障に回らず、保険料が上がり、年金が下っていること、大企業には減税し続けていることを話すと、「そう言われれば、年金下ってたわ…署名してみよか」と、変化。

民商では、一会員10人を目標に署名運動に取り組み、現在到達2816人分です。 次の国会要請行動は5月27日です。この日までに、目標残204署名を集めましょう。

署名は、各支部長又は民商までお寄せ下さい。

古墳、神社、竹林の嵐山を堪能

4月26日、共済会主催・春の歩こう会を開催し、16名が参加しました。

今回は嵐電を楽しみながら、太秦と嵐山を散策。蚕ノ社では、塚さんが有名な三本柱鳥居の説明を、嵐山では木さんが先導して案内をしてくれました。

「竹林の道が涼しくて気持ちよかった」「電車を使った歩こう会もいいね」「髪の毛の神社があるなんて知らんかったわ」など、感想が寄せられました。

相続税も庶民増税か?

先日、会員さんから「不動産の相続をした時の税金が心配」と、相談がありました。

税庁の路線価図で評価額を調べ、現時点では相続税はかからないとわかり、少し安心された様子でした。

相続税は今年1月から「改正」され、基礎控除が大幅に引き下げられ、課税される可能性が増えました。

基礎控除は3000万円+600万円×法定相続人数になり、例えば相続人が配偶者と子ども2人で、改正前8千万円だった控除額が4800万になります。

税率は2億円以上が5%アップで、大資産家に負担を増やしたと言いますが、基礎控除が4割もカットされれば、相続する土地の評価額によって、増税になる人が増える庶民大増税の一環です。

ただ、配偶者控除と小規模宅地の軽減規定もあるので、対応を検討して活用しましょう。

第24回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は北民商2階です。

◇日時:@5月27日(水)昼1:00〜 A5月28日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

原発と健康問題学習会

東京電力福島原発事故の避難生活が長期化する中、健康を悪化させている人が過去最悪となるなど、事態は一層深刻化しています。大多数の被災者が国の支援強化を求め、安倍政権の冷たい姿勢に怒りの声が上がっています。原発事故がもたらす健康被害について学びます。

ぜひ、ご参加を。

◇日時:5月19日(火)午後6時30分〜8時30分
◇会場:社会福祉会館2階第1会議室
◇講演:「原発事故と健康医療問題」
◇講師:尾崎 望 氏(京都民医連会長)
◇主催:きたかみ原発ゼロネット

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

東京電力を相手に、原状回復や慰謝料などを求めた集団賠償訴訟の原告数が、1万人に達する見通しになりました。福島県の自治体賠償でも、いまだ賠償額の1割しか支払われていない状態です。東電は、「請求額が膨大で精査に時間がかかる」と言っていますが、事故から4年、すみやかに事故の検証、被害賠償をすすめるべきであり、すべての被災者の生活と生業の再建に、全力をあげることを求めます。

引き続き、北民商として心を寄せていきたいと思います。ご支援よろしくお願いします。