フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年4月20日号 No.298]

北民商ニュース 2015年4月20日号 No.298

消費税10%なんて考えられない

先日、堀川北大路周辺の商店を訪問し、「消費税率を5%に戻し、増税中止を求める請願」署名で対話しました。

飲食店では、「今回は赤字申告でした。仕入、経費に8%つくのに、お客さんからはもらえない。10%なんてとんでもない」と、怒りの署名。

酒屋さんは、「絶対増税される。でも反対やから、署名はします。今の政治はむちゃくちゃ。安倍の顔を見るだけで腹がたつ」。

小売店では、「仕入が2割上がった。でも値段には全部はのせられない。10%なんて考えられない」と、こころよく署名。

「増税は嫌だけど、国の財政が大変だから仕方ない」と言う方もいますが、消費税は社会保障にも、財政再建にも使われず、法人税減税の穴埋めに使われています。この事実を広げ、私たちの力で増税を中止させましょう。

安倍暴走政治のストップを!

いっせい地方選挙では、平和やくらしの問題で、暴走をかさねる安倍政権と正面から対決する日本共産党が躍進しました。

北区では、府会・市会ともトップ当選で票数では第1党、京都全体でも、議席をのばし、全国47都道府県すべてで、議席を確保する貴重な成果もあげました。

自民党は、改選時の議席数から43議席減らし、10の知事選勝利も、ほとんど与野党相乗りです。

選挙中も、中小業者の廃業が続きましたが、今年度の予算は、軍事費過去最大額の一方、社会保障は3900億円削減。2017年4月に消費税10%増税を決めながら、大企業に1・6兆円の減税など、でたらめな政治を繰り返しています。

中小業者・国民は、戦争する国づくり、アベノミクス、増税、年金削減、医療・介護負担増に怒っています。引き続き、安倍暴走政治ストップの運動を強めましょう。

司法が原発再稼動を止める

関西電力高浜原発の再稼働に対して、福井地裁は再稼動を差し止める仮処分決定を下しました。再稼働の規制基準の不備を厳しく指摘し、それをテコに原発再稼働を急ぐ政府、電力会社にノーを突きつけました。

関電は、地震がきても原発施設は安全といいますが、決定は「安全設計思想とは相容れない」「想定を超える地震は高浜原発には起こらないというのは、根拠に乏しい。楽観的見通し」と、断じました。

また、危険極まりない使用済み核燃料を、堅固な施設で囲い込む必要はないとする関電の主張に対し、「深刻な事故はめったに起きないだろうという見通し」にもとづく対応と批判。

再稼動は断念すべきです。

第86回全京都統一メーデー

「働くものの団結で、生活と権利、平和と民主主義を守ろう!」をスローガンに、86回目のメーデーが開催されます。メーデーは、1886年5月1日、アメリカの労働組合が8時間労働制を要求して、ストライキ・デモ行進を行ったことが始まりです。私たち中小業者も、「中小業者の営業と暮らしを守れ」「消費税10%増税反対」と声を上げましょう。

◇日時:5月1日(金)午前10時開会
◇会場:二条城前広場
◇主催:第86回全京都統一メーデー実行委員会

第23回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大事です。初めての方も、気軽にご参加下さい。会場は北民商2階です。

◇日時:@4月22日(水)昼1:30〜 A4月23日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

東京電力福島第一原発事故後、海洋に放出された放射性物質(セシウム134)が、カナダ西部の沿岸で検出されました。検出されたセシウムは微量といえども、「海に流せば薄まる」問題ではありません。

政府、東電は、原発事故による被害の検証を更に行い、すべての被災者の生活と生業の再建に、全力をあげることを求めます。

引き続き、北民商として心を寄せていきたいと思います。。ご支援よろしくお願いします。