フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2015年4月13日号 No.297]

北民商ニュース 2015年4月13日号 No.297

中小業者に民商の一声を

5日、大将軍地域へ署名とパンフを持って業者訪問をしました。

飲食店では、以前に税務署員が客として来て、その後突然調査が行われたことに憤慨していました。記帳はしっかりできていたので、何とか対応したとのことでしたが、納税者の権利について話し、入会を訴えました。

喫茶店では、税金申告は自分でしてるが、毎年の高い国保料に困っている、と悩みが出されました。今年度は、一世帯約6千円下ること、国保減免運動について話し、「ぜひ参加して」と、呼びかけました。

消費税についても、10%増税は困ると、ほとんどの店で出されました。

中小業者は要求でいっぱいです。まわりの方に民商の一声をかけましょう。

国民イジメの大増税ストップ!

4月1日、消費税が始まってから26年、そして8%増税から丸一年の日、全国いっせいに宣伝行動されるのに合わせ、消費税廃止北区連絡会も、北野白梅町で行いました。

夕方の買物客や仕事帰りの方々がにぎわう中、急ぐ足を止めて署名してくれる方も何人かいました。

「どこの署名?」と話しかけてくれた男性は、「放っておいたら、どこまでも上げよる。署名しようか。以前、民商に入っていたこともある。頑張って」と、嬉しい偶然もありました。

安倍政権は、どんなに景気が悪くても、2017年4月に10%に引き上げ、国民に増税を押しつけようとしています。

「アベノミクス」でもうけたのは、大企業や大金持ちだけです。世論調査でも、景気回復の実感はなく、大多数が増税に反対です。次の増税実施まで、反対運動の期間はまだ1年半あります。国民いじめの大増税ストップの声を上げ、奮闘しましょう!

税金・経営相談会のお知らせ

北民商では、毎月「税金・経営相談会」を開催しています。「自分にあった記帳をしたい」「税務署から突然呼び出しがあった」「国保、税金の滞納で差押さえ」「事業資金をなんとかしたい」「労働保険に加入したい」等々、民商で一緒に解決しましょう。

お知り合いの業者の方に、ぜひお知らせ下さい。

◇日時:4月23日(木)昼1時〜3時
◇ところ:北民商2階

第86回全京都統一メーデー

「働くものの団結で、生活と権利、平和と民主主義を守ろう!」をスローガンに、86回目のメーデーが開催されます。メーデーは、1886年5月1日、アメリカの労働組合が8時間労働制を要求して、ストライキ・デモ行進を行ったことが始まりです。私たち中小業者も、「中小業者の営業と暮らしを守れ」「消費税10%増税反対」と声を上げましょう。

◇日時:5月1日(金)午前10時開会
◇会場:二条城前広場
◇主催:第86回全京都統一メーデー実行委員会

第23回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大事です。初めての方も、気軽にご参加下さい。会場は北民商2階です。

◇日時:@4月22日(水)昼1:30〜 A4月23日(木)夜7:00〜
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

東京電力福島第一原発事故後、海洋に放出された放射性物質(セシウム134)が、カナダ西部の沿岸で検出されました。検出されたセシウムは微量といえども、「海に流せば薄まる」問題ではありません。

政府、東電は、原発事故による被害の検証を更に行い、すべての被災者の生活と生業の再建に、全力をあげることを求めます。

引き続き、北民商として心を寄せた支援を行っていきます。ご支援よろしくお願いします。