フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年11月24日号 No.278]

北民商ニュース 2014年11月24日号 No.278

消費増税先送りではなく中止を

北民商で、先週721人分、累計1850人の署名を集め全商連に送り、19日に代表(京都は京商連会長)が国会に届けました。

鷹ヶ峰のUさんは、仕事関係や出入りしている福祉施設に署名を預け、101人分集めました。

鳳徳のHさんは、店に署名を置いてお客さんから署名を集めました。

金閣のWさんは、ご近所と店の常連さんに「増税反対」と訴えました。

紫明のMさんは、班と知人をまわり、55人分を届けてくれました。

上賀茂の福井さんも、お客さんや近所をまわって集めました。

「自民党の人もしてくれる」「10%延期は私たちの運動の成果」など、話が出されています。そして、21日には国会が解散され、2日公示、14日投票で衆院選挙が決まりました。増税先送りではなく中止をして、5%に戻すことが最大の景気対策です。選挙で増税勢力を追い込みましょう!

消費税転嫁調査票、一斉送付

税務署から、「消費税の転嫁拒否等に関する調査」が送付されました。これは、公正取引委員会、中小企業庁が税務署に依頼して発送しました。「提出義務はあるのか」「自分の取引を税務署に知られる」など、不安の声が聞かれます。

この調査は、8%の税率引上げで、増税分の値引き、買い叩きなどを指導するためのものです。回答は強制ではなく、したくない人はする必要はありません。力の弱い事業者は、消費税を力の強い取引先には上乗せができず、身銭を切って払っています。困っている事業者の相談に乗るのは当然ですが、今回の文書は取引先を税務署に密告するようで、問題があります。

また、「問い合わせ先」は、民間業者の丸受けで、不安です。

取締り強化ではなく、やはり、増税ストップ、廃止しか、この問題を解決する道はありません。

京商連共済会天橋立バスツアー

京商連共済会主催天橋立バスツアー9日、京商連共済会主催天橋立バスツアーが行われ、北民商から6名、全体で43名が参加しました。

あいにくの雨模様でしたが、ケーブルカーに乗り、山頂から股のぞきをしたり、観光船からカモメに餌をやったり、松並木を歩き、温泉でゆっくりしたりと、それぞれ楽しいひと時を過ごしました。車中では、各民商共済会の取り組み等、交流しました。

第18回記帳講習会

税金や経営、暮らしを守る上で、記帳は大事です。初めての方も気軽に参加下さい。

会場は、北民商2階です。

◇日時:@11月26日(水)昼1:30〜 A11月27日(木)夜7:00〜
◇持ち物:電卓、伝票、領収書、普段つけている帳簿など。

歳末特別生活資金貸付のお知らせ

今年も「歳末特別生活資金」の貸付相談が始まります。くらしの資金にお困りの方は、無利子・無保証人で申請ができます。実施要綱は下記の通りです。

◇受付け期間:12月9日(火)〜15日(月) 土・日・祝を除く、午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇受付け場所:北区役所3階・第4会議室
◇持ち物:印鑑、国民健康保険証等(世帯員全員分)、住所、家族構成を明らかに出来るもの
◇貸し付け目安:◎最高限度額15万円(1人3万円目安)◎無利子、返済2年以内(前回分80%返済が要件)

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

19日、福島第一原発事故の除染土、廃棄物を保管する「中間貯蔵施設関連法」が成立しました。法律では、30年以内に福島県外で最終処分することを明記していますが、受け入れ先が見つかる可能性が低く、問題を先送りしただけです。国と東電はすべての被災者の仕事の再開と生活に全責任を持つべきです。

これからも、北民商として少しでも被災者の方の力になりたいと思います。月末、支援物資を福島へ送ります。