フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年9月22号 No.269]

北民商ニュース 2014年9月22号 No.269

消費税10%はとんでもない

13日、毎月恒例の署名宣伝行動を、紫明の鞍馬口商店街で行い、消費税署名15人分が集まりました。

米屋さんは、「周りの人も大変やって言うてる。10%になったら計算しやすいけど、負担が増えるだけやし絶対あかん」。

漬物屋さんは、「野菜が値上がりし、厳しい状況。消費税は上げないでほしい」。

ケーキ屋さんは、「増税後、仕方なく値上げしたが、10%になったら、これ以上は無理。8%になって絶対景気悪くなっているのに、マスコミは全然報道しない。おかしい世の中になってる」。

佃煮屋さんは、「観光客が減って、人通りが少ない。年金は減り、介護保険料が増え、負担が重たい」。

消費税導入から25年、累計264兆円の消費税収が、法人3税の減収分246兆円の穴埋めに回されてきました。来年10月からの消費税10%引上げを強行しようとする安倍政権の暴走を止めるためにも、署名にご協力下さい。

税務調査への心構えを学ぶ

10日、税金対策部会を開き、税務調査中の会員さんが参加し、対策と調査の心得など、学びあいました。

以前、税務調査を受けた役員さんは、「何も知らないのと知っているのとでは、大違い。本人の承諾がなければ勝手に帳面なども触れない。初めから権利を主張しよう」「調査に来た理由を確かめること」「承諾なしの得意先や銀行への反面調査はさせないように」など、経験にもとづき、話をしました。

会員さんは、「税務署から突然電話があった。法律で決められた事前通知も全部言っていないし、税務署長名で文書を出してくれと言っているところ。今日学習をして、少し安心しました」と、ほっとした様子。

税務調査は、あくまでも任意調査であり、納税者の同意が前提です。納税者の権利を主張することが大事です。

安心して医療にかかりたい

先日、会員さんより、「突然の入院で医療費が高くて困っている」「安心して医療にかかれる制度はないか」と、相談が寄せられました。

◎老人医療費助成制度

65〜69歳の方で、@所得税ゼロの世帯 A一人暮らし又は、高齢世帯などで所得制限内。@Aどちらかに当てはまる方は、福祉事務所で申請をすれば、医療費が1割負担になります。

◎高額療養費制度

医療費が一定の金額を超えた時、その金額が払い戻される制度。事前に「限度額適用認定証」の申請(区役所保険年金課)をすれば、窓口での医療費の負担が軽減されます。また、市民税ゼロの世帯は、入院時の食事代が減額されます。

◎一部負担金減免制度

災害や失業などの事情で医療費の支払いが困難な場合、減額・免除ができます。しかし、所得制限、財産調査などがあり、使い勝手が良いよう改善の必要がある制度です。

医療機関によっては、無料低額診療などの、病院独自の医療費軽減制度があります。制度を活用しましょう。

第16回記帳講習会

税金や経営、くらしを守る上で、記帳は大事です。初めての方も気軽にご参加下さい。会場は北民商2階にて。

◇とき:@9月24日(水)昼1:30〜 A9月25日(木)夜7:00〜
◇持ち物:電卓、伝票、領収書、普段つけている帳簿など。

北区各界連学習会のお知らせ

◇日時:9月26日(金)夜7時〜
◇ところ:サテライト今宮・地下
◇講師:消費税をなくす会 調子事務局長
◇主催:消費税廃止北区各界連絡会

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

昨年9月15日、国内すべての原発が止まりました。この一年、原発がなくても、暑い夏を乗り切りました。原発はいりません! 政府は、無限な自然エネルギーに転換していくべきです。

北民商として、これからも少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。ご支援よろしくお願いします。