フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年7月21日号 No.261]

北民商ニュース 2014年7月21日号 No.261

払える国保料にしてほしい

今年も国保の減免申請の相談班会や支部集会をしています。

班会では、収支内訳書や集団的自衛権のことなど、商工新聞を読み、消費税アンケートを記入し、話し合っています。

「増税後、収入は増えないのに、経費や生活費の支出が増えてる。サラリーマンの人もお金を使わないし、景気が悪い!」「安倍のぼくちゃんは、庶民のことは頭に全然ない。腹が立つばかり」。

小売業の会員さんは、「45万円の国保料はきつい。減免申請の制度を知らない人は、多いと思う。みんなが払える国保料にしたら、滞納も少なくなるのにね」と、話していました。

もともと、京都市の国保料は高く、国保加入世帯の2割が滞納しています。一方で、国保会計は累積収支で5億円の黒字です。「国保料を下げてほしい」という市民の願いに、至急に応えるべきです。誰もが安心できる国保行政に改善させましょう。

屋外広告物条例に困惑の声

市が8月に完全施行しようとする「屋外広告物条例」に対し、不安と困惑の声が会内外から寄せられています。

飲食店では、「呼び出された当初、基準内でOKと言われ安心していた。最近になって、市の説明が一変し、大通りに面し、道路に出ているから違法だと言われた」。小売店は、「70万かけて看板の色を変えたが、目立たなくなり、お客さんが減った」。

料理店では、「ガラス戸にはめていた看板を取り外すように言われ、ブロック塀に付け替えた」。

ラーメン店では、「京都市の色の規制基準に合わせて看板を付け替えたが、数十万円かかった。赤からクリーム色にすると店が替わったのかと言われた」。

民商として要求を集め、8月末の期限にはこだわらず、納得がいくまでは、強引に進めさせず、費用助成や手数料軽減などの要求を、京都市にぶつけていくつもりです。

9条守れ!網の目平和行進

9条守れ!網の目平和行進12日、毎年恒例の網の目平和行進に、全体で750名、北・上京コースで150名、北民商から8名が参加しました。

上賀茂神社から市役所まで3時間半の道のりを、元気にリズムよく、「原発いらない!」「戦争はんたい!」「9条まもれ!」「平和がいちばん」と沿道の市民に向けてピースコールをしました。

第14回記帳講習会

税金や経営・くらしを守る上で、記帳は大事です。初めての方も気軽にご参加下さい。

◇日時:7月23日(水)昼1:30〜3:00
7月31日(木)夜7:00〜9:00
◇会場:北民商事務所
◇持ち物:電卓、伝票、領収書、普段つけている帳簿やノート

臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金について

4月の消費税増税にともない、政府は対象者1人につき1万円の『臨時福祉給付金』、『子育て世帯臨時特例給付金』を設けました。

臨時福祉給付金は、市民税非課税の方。子育て世帯給付金は、今年1月分の児童手当を受給している方が対象です。8月までには、対象者に市より申請書が送付されます。

政府は、低所得者や子育て世帯に配慮と言いますが、今秋消費税を10%にする判断をしようとしています。1回限りのバラマキではなく、増税そのものを中止すべきです。

小豆島手延べそうめん販売中

大好評の手延べそうめん販売中です。お中元にも、ご利用できます。ご注文は、北民商事務所へ。

@1・8s(36束) …2400円
A3・1s(60束) …3600円
B4・0s(80束) …4500円
C6・0s(120束) …6500円
D三色そうめん1・8s…2500円

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

今月中旬に、福島原発訴訟(生業訴訟)の第7回口頭弁論が行われます。原告団は、福島県と県議会各派に、裁判の支援と東電の不誠実な主張の撤回等を求める要請を行いました。裁判への支援の声もありましたが、福島の現実は、今も全く変わっていません。北民商として、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続き、ご支援をよろしくお願いします。