フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年7月7日号 No.259]

北民商ニュース 2014年7月7日号 No.259

内訳書督促で税務署交渉

6月30日、北上の民商・京建労の代表8名で、上京税務署へ「収支内訳書」督促について申入れを行いました。税務署からは、個人課税部門の統括官と補佐2名が応対しました。

最初、「会うのは3人と約束した」、「そんな約束はしていない」と言うと、「いや、そうお願いしたい」と、話にならない不誠実さでしたが、それは一蹴しました。

申入書を読み上げ、「収支内訳書を提出しなければ、税務調査をする場合がある、とにおわし、納税者をおどすのは、行政指導を逸脱している。撤回せよ」「収支内訳書を提出しなくても、確定申告は有効であり、不利益な扱いは受けないと確認している」「1984年の申告納税制度改悪の時、国会で『納税者に過大な負担とならないよう留意する』と付帯決議も採択されている。提出強制はできないはず」など、追求しました。

税務署は、「『調査を実施する場合があります』と書くことで、税務調査に対する納税者の予見性を高めるもので、ただちに不利益を与えるわけではない」など、強弁しましたが、間違いなく『おどし』であり、行政手続法違反です。税務署に、法律と国会決議を守らす必要があります。

納税者の権利を守る運動を、消費税増税反対運動とむすんで、大きく広げましょう。

消費税増税は死活問題

6月21日、署名行動で、大宮鞍馬口周辺の商店へ行きました。「4月に8%に増税されたけど、商売の状況はどうですか」と、対話しながら増税反対署名をしてもらいました。

お米屋さんでは、「増税前に仕入れた分がなくなれば、消費税を転嫁しようと思ってる。うちみたいな小さいとこはやっていけない」と、嘆いておられました。

駄菓子屋さんは、「もともと消費税はもらってない。20円、30円の品物で、子どもからは消費税は取れない。増税すれば、その分利益が減る。これ以上はやめてほしい」。

精肉店は、「消費税はもらっているが、増税は死活問題。大きなところからたくさん取ったらいいのに。頑張って!」と励まされました。

対話したどの商店も増税の影響を受けています。増税中止署名は、こころよく受け入れられ、期待も感じられる行動となりました。

集団的自衛権容認(憲法解釈の変更)に抗議

安倍内閣は、集団的自衛権容認(海外での武力行使、戦争する国づくり)を閣議決定しました。戦争放棄と戦力をもたないことを明記した憲法9条は、全世界で6千万人、アジアで2千万人の犠牲者を出した侵略戦争に対する反省から定められました。今回の解釈は、その憲法9条を削除するに等しく、明らかに憲法違反です。嘘とデタラメの憲法破壊は、許せません。「閣議決定」強行で、自衛隊がすぐ戦争できるわけではありません。たたかいはこれからです。「閣議決定」に抗議し、撤回させる運動をしていきましょう。『閣議決定は撤回せよ』『憲法破壊はやめろ』など、安倍政権と与党に要請FAXを呼びかけます。全商連抗議声明は裏面に載せています。
【FAX】安倍首相:03-3581-6827
自民党:03-5511-8855、公明党03-3353-0457
自民(京都)241-0405、公明(京都)314-5556

夏季特別生活貸付資金のお知らせ

◇日時:7月8日(火)〜11日(金)午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇場所:北区役所3階・第4会議室
◇持ち物:健康保険証(世帯員全員分、コピー可)、印鑑
◇貸付内容:@一世帯15万円限度、A無担保無保証人、無利子
◇貸付日:7月23日(水)
◇問合せ:福祉介護課 電話:075-432-1309

国保減免申請懇談会

◇日時:7月22日(火)午前10:30より
◇会場:北区役所3階第5会議室
◇持ち物:減免申請書、加入者の収入申告書、保険証、決定通知書、年金の受給金額のわかるもの、印鑑

小豆島手延べそうめん販売中

大好評の手延べそうめん販売中です。お中元にも、ご利用できます。ご注文は、北民商事務所へ。

@1・8s(36束)…2400円
A3・1s(60束)…3600円
B4・0s(80束)…4500円
C6・0s(120束)…6500円
D三色そうめん1・8s…2500円

行事案内

☆商工新聞…今週の読み得☆

東日本大震災支援のお願い

先週、会員・読者の方から寄せられた福島へ米、調味料等の支援物資を送りました。ご支援ありがとうございます。

今月中旬に、福島原発訴訟(生業訴訟)の第7回口頭弁論が行われます。東電の過失責任が問われるこの裁判。6回の弁論では、東電の情報隠しに怒りがわいています。福島の現実は、今も全く変わっていません。北民商として、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。