フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年3月31日号 No.247]

北民商ニュース 2014年3月31日号 No.247

消費税増税、めちゃくちゃや!

3月24日、北野白梅町で消費税廃止北区各界連絡会の宣伝署名行動をしました。

若杉ひでお北民商事務局長と日本共産党浜田府会議員、「消費税をなくす会」の西本さんらが、「4月からの消費税増税は、絶対に許せない。府民の暮らしも商売も破壊する。景気もよくなるはずがない。みなさんの声が大きくなれば、増税を中止させることが出来る。最後まであきらめません」と、訴えました。

買い物中のご婦人は、「ほんまや、国のやることは最近ひどすぎる!なんでもかんでも通したらええっちゅうもんちゃうで、腹が立つ!」と怒りの署名をして下さいました。

道行く男性に署名をお願いすると、「えっ、署名か?せなしゃあないな。そやけどもう無理やろ」今まで長いことかかって5%から上げられなかったのは国民の反対の声が大きかったこと、諦めないでと対話し、納得された様子でした。

各界連、民商は諦めずにこれからも世論を広めるため、運動を続けます。

中小業者のよりどころ民商

確定申告も終わり、一段落しましたが、業者の相談は申告だけではありません。

「仕入れの為の資金が借りれないか」との相談があり、ちょうど確定申告で帳面を整理したところだったので、売上も、仕入れ、経費も月々でまとめられ、早速取引先の銀行にもって行くことができました。

借入金額も希望額で、銀行からすぐに融資実行の連絡が入りました。「これで安心して仕入れでき、商売も続けられます」と喜んで報告して下さいました。

また、会員さんの息子さんが法人を設立し、「経理のことや色々教えてほしい」と来られ、京商連の経理センターから来てもらい、アドバイスを受けられました。

「お話を聞かせていただき、よくわかりました。民商さんにもお世話になりたいと思っています」と、入会も検討。

いつでも業者は、相談相手を求めています。新しい民商ビラを知り合いに渡して仲間を増やしましょう!

小・中学校の就学援助制度

4月は、入学・進学の季節です。

就学援助制度は、小・中学生の学用品費や入学準備金、給食費等の心配をせず義務教育を受けられるよう、補助する制度です。

小中学生のいる家庭は誰でも申請できますが、世帯の所得合計が下記の所得基準額以下での世帯に適用されます。

◎就学援助の内容
学用品費・学用品費・校外活動費・体育実用具 費・新入学児童生徒学用品費・学校給食費・通 学費・修学旅行費・医療援助費など
◎所得基準額
2人世帯:1,820,200円 3人世帯:2,331,200円
4人世帯:2,792,700円 5人世帯:3,219,200円
◎申込み手続き
受付は、各学校で担任の先生に申し込みます

行事案内

東日本大震災支援のお願い

震災から3年、今尚26万人を超える住民が避難生活を送っています。福島県では、いまだに原発事故の恐怖にさらされ、原発近くの町では、誰も戻れない状況は、全く変わっていません。加害者である東電と国の責任は、重大です。原状回復と被災者の仕事と生活に、全面的に責任を負うべきです。

北民商としても、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの支援をお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆