フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2014年3月17日号 No.245]

北民商ニュース 2014年3月17日号 No.245

3・13重税反対統一行動

上京税務署までデモ行進(3・13重税反対北区決起集会)3・13重税反対北区決起集会を西陣織会館で行いました。

北民商、京建労北支部、北生健会、北上地区労の4団体が参加し、若杉府議補選候補(北民商事務局長)が特別挨拶。「原発ゼロ、消費税増税中止の知事を選び、北区の府会補欠選挙でそれを支える府会議員として、3・13重税反対北区決起集会消費税反対運動そして、中小業者の営業とくらしを守る活動に全力を尽くしてきた経験を生かして仕事をさせていただきたい」と、訴えました。

北民商代表で弥吉会長が、「京都の地域経済を立て直すには、我々中小業者が頑張れれる世の中でないとダメ。地域経済を守る政策を実行できる知事に転換し、要求を実現させよう」と訴えました。集会後、上京税務署までデモ行進しました。

消費税増税中止・地域経済復活

確定申告の計算会では、大変厳しい実態が出されています。

会外の相談では、サービス業の方で、借入金の返済が大変な中、国保料が66万円、税金が16万円、市民税25万円という支払いで、生活費も切り詰め、毎月とても苦しいと、訴えられていました。借金は条件変更など銀行と交渉し、税金関係は納税の猶予や分納の話をし、ひとつずつ解決をしていけるよう話すと、少し安心された様子でした。

飲食店の会員さんは「今年は厳しい。2月は思い切って店を閉め、アルバイトに出たが、一流料亭でもお客が来なくて困っていた。これで消費税が上がったら小さい店はどうなるのか」と嘆いておられました。

消費税の申告をする方は、今8%になったら潰されると、みなさん憤っています。

地域経済を支えているのは中小業者です。消費税増税を決めた政府に敬意を表する知事では、京都の経済はよくなりません。

地域が潤う経済効果抜群の、住宅リフォーム、商店リニューアル助成制度や、京都経済ぐるぐるプランを実行し、国には、消費税増税を中止せよと意見をあげられる、尾崎知事に変えることは、私たち業者の要求ではないでしょうか。

洛中手作りまつりご案内

見て触れて はなして 体験して 語る職人と縁結び

体験し、職人さんと語る「手作りまつり」に鷹ヶ峰の刈谷さん(染め木綿)、衣笠の塚さん(伝統木造建築・手作りアクセサリー)、小野郷の熊田さん(北山杉の木工品・天然染め)が出店されます。その他、陶芸、西陣織、手描き友禅体験や、和雑貨、手焼せんべい等々、楽しい企画もあります。

◇日時:3月29日(土)〜30日(日) 午前10時〜午後5時(30日は4時迄)
◇会場:西陣織会館6階 ※入場無料
◇主催:西陣・町ミュージアム構想検討委員会

行事案内

東日本大震災支援のお願い

震災から3年、今尚26万人を超える住民が避難生活を送っています。福島県では、いまだに原発事故の恐怖にさらされ、原発近くの町では、誰も戻れない状況は、全く変わっていません。加害者である東電と国の責任は、重大です。原状回復と被災者の仕事と生活に、全面的に責任を負うべきです。

北民商としても、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの支援をお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆