フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年11月4日号 No.228]

北民商ニュース 2013年11月4日号 No.228

消費税増税やめてほしい!

10月19日、毎月恒例の署名行動で、新町商店街へ行きました。

来年4月からの消費税8%への引上げは、絶対に中止させようと、訴えました。

和菓子屋さんでは「昔から考えたら、ずいぶんお客さんが減った。これで消費税上がったら本当に大変。どうしようかと思う」と不安な様子でした。

また、居酒屋さんの女将は、「ずっとこの商売続けてきたし、歳いっても頑張らなあかんのに増税やめてほしいわ」と、署名してくれました。電気工事業の方は、「消費税ゼロにしてほしいです。ほんま、しんどい。自民党だけちゃう、民主党も悪い。皆で決めたことや。政治家に私らのくらしの大変さはわからない。何とかしてほしい」と怒りの署名。

中には、「これ以上国の借金を増えるなら、増税は仕方ない」という方もいましたが、今、増税すれば消費不況で国の所得税収入は減り、赤字は増える。大企業だけ減税するのは間違っている。国民の懐を暖める賃上げこそ大事と話をしました。あきらめず、声をあげましょう。

賀茂川公衆トイレ設置請願採択

民商春のつどいで、会員さんから「北山橋の河川敷で、毎朝ラジオ体操しているが、トイレがなくてみんな困っている。何とかならないか」と声が出され、4月の常任理事会でその対策を話し合いしました。

実は、賀茂川河川敷は、北大路橋から柊野別れまで約2キロの間、公衆トイレがありません。周辺はウォーキング、ペタンク、サイクリング、グランドゴルフ、ジョギングや、小学校大文字駅伝大会のコース、葵祭りの行列コースにもなっています。住民の交流、健康上、付近の衛生、災害など緊急時を考えても、公衆トイレは必要だと意見が一致。ラジオ体操の世話役の、元町支部田中さんが呼びかけ人になり、『北山橋周辺に公衆トイレ設置を求める請願』署名を作成し、それを集めて市と府に請願しようと決めました。

いずれにしても、あきらめずみんなで相談してとりくみましょう。

4月中旬から、20日間程の短期間でしたが、河川敷利用者を中心に、個人935人、団体11通の署名を集め、市に請願、府には陳情しました。

その後、日本共産党府市会議員の奮闘もあり、10月28日、くらし環境委員会で請願は採択され、市と府で協力しながら、公衆トイレを設置することになりました。

住民の声を大切にした、請願権の行使で貴重な成果をあげることができました。関係者の方は、大喜びです。

京婦協総会・業者婦人がんばる

27日、京婦協総会27日、京婦協総会が開かれ、北民商婦人部からも3名が参加しました。

分散会では、営業しながらの介護や、パートに出て家計を支えている人、不況に負けない商売の工夫等、業者婦人ならではの頑張りが話されました。今期の方針では、力と心と知恵を出し合い、仲間を増やして、消費税増税実施をさせない闘いを強めようと確認しあいました。

民商共済会 秋の歩こう会

今年は、紅葉狩りの王道、銀閣寺哲学の道から南禅寺、岡崎を経て、円山公園を目指します。支部、班の仲間、ご家族こぞってご参加下さい。

◇日時:11月24日(日)午前10時
◇集合:白川通り今出川北西角
◇持ち物:弁当・水筒・雨具・タオル・帽子・シートか新聞紙
※お弁当(600円)必要な方はご注文下さい。※小雨決行です

東日本大震災支援のお願い

福島原発の放射能汚染水が漏れ、地下水から湾内、外海へ流出の可能性がある非常事態です。国会でも、安倍首相は、「健康への影響が完全にブロックされている」と強弁しましたが、その無責任ぶりに怒りがわきます。国は、『収束」宣言は撤回し、原発即時ゼロ、完全賠償の責任をとるべきです。北民商として、少しでも、被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。今週、支援物資を送ります。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内