フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年10月28日号 No.227]

北民商ニュース 2013年10月28日号 No.227

滞納で商売つぶされない対策を

滞納相談が増えています。

製造業のAさんは、介護保険料の支払いができず、区役所と電話のやりとりで職員から「滞納分を約束通りに払っていないので、一括払いしてほしい。払わないとサービスを受ける時、自己負担が3割になる。差押えをする場合もある」などと、少々高圧的に言われていました。

民商と一緒に区役所に行ったところ、「約束が守れない時は連絡がほしい。払える金額で毎月支払ってほしい。介護サービスを受ける時を考えて、以前の分から充当して」等、言われましたが、当面年度末までの納付書を渡され、納付していくことになりました。

また、小売業のBさんは、公庫と銀行の借入金返済で苦労していました。民商で経営改善について相談して、「返済計画書」を作成して、金融機関に持ち込み、条件変更の申請をしました。要望通りに、実現しそうです。

どんな滞納も「恥ずかしい」事ではありません。対策を考えていくことで、制度の活用や経営改善につながります。民商にご相談下さい。

税研集会の報告・PART 3

税金滞納していても、納税者としての権利はあります。滞納と言う「負い目」を取っ払うと同時に、納税の誠意をもつことで、法律に基ずく分納制度を活用することができます。滞納処分で生活の根拠、ましてや命を奪われることは絶対あってはなりません。

ただ税金を分割払いするだけでは、担当者が代わった時にご破算になります。

分納制度を活用することで「納税を猶予」し、納期限延長や月納付額減額ができ「差押え処分」「高い延滞税」などから営業と生活を守ることができます。通常の納税の猶予は災害、盗難、本人や家族の病気、事業の廃止、事業で損害を受けた時、いつでも申請できます。税務調査で3年分など修正申告を提出したときは、納期限内提出が要件なので、修正申告と同時に申請をすれば認められます。細々とした営業の人や廃業した場合「滞納処分の執行停止」で納税義務が消滅する可能性があります。

いずれにしても、あきらめずみんなで相談してとりくみましょう。

北区母親大会で女性が元気

20日、第57回北区母親大会が60名の参加で開催されました。

第57回北区母親大会歌手のケイ・シュガーさんが歌う、平和への願いと私たちへの人生応援ソング、そしてジュリーの『我が窮状』は圧巻でした。

その後、4つの分科会(しゃべり場)に別れ討議。「暮らしがたいへん」の分科会では、消費税、社会保障、生活保護と、くらしを脅かす状況や、原因など出されました。北民商からの参加者は「税金問題で、憲法を力に、納税者の権利を守り、消費税増税反対の運動をしている。憲法が、暮らしに活かされてない。行政にわからせていくのも私たちの仕事」と発言。寄って学習し、しゃべれば、勇気が湧きます。今、女性が大きな力を発揮する時です。

第7回記帳講習会のお知らせ

普段の伝票や領収書を使って、「シート式帳簿」を勉強しましょう。税金対策、営業、くらしに役立てましょう。

◇日時:10月30日(水)夜7時〜
◇会場:北民商事務所
◇持ち物:電卓、筆記用具、伝票、領収書

京商連・秋のオープンセミナー

今、輝く地域密着の小企業・家族経営―「小企業日本一のまち」京都をめざして―

循環型地域経済づくりの先頭に立つのは小企業・家族経営です。駒澤大学・吉田敬一教授を講師に迎えて学習会を開催します。ぜひ、ご参加下さい。

◇日時:11月2日(土)午後6時30分開場 7時開会
◇会場:キャンパスプラザ京都4階第3会議室(下京区西洞院塩小路下る ビッグカメラ前)

東日本大震災支援のお願い

福島原発の放射能汚染水が漏れ、地下水から湾内、外海へ流出の可能性がある非常事態です。国会でも、安倍首相は、「健康への影響が完全にブロックされている」と強弁しましたが、その無責任ぶりに怒りがわきます。国は、『収束」宣言は撤回し、原発即時ゼロ、完全賠償の責任をとるべきです。北民商として、少しでも、被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの支援をお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内