フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年10月7日号 No.224]

北民商ニュース 2013年10月7日号 No.224

国会で消費増税反対請願行動

9月27日、東京で、「消費税大増税ストップ国民集会」が開かれ、全国から5千人が集結しました。北民商から代表として参加したKさんに、前回請願以降集めた1,934人分の消費税反対署名を託しました。

消費税大増税ストップ国民集会集会後、署名を持って京都選出の衆院議員16名をまわりましたが、紹介議員となったのは共産党のみでした。

Kさんからの感想を紹介します。

「東京日比谷野外音楽堂には、全商連の方々など、5千人近く集まりました。北民商で、いつも話をしているように、消費税が上がれば、商売が立ちいかなくなる、と言う訴えが多くありました。福島県・福島民商の方と話ができ、いつもおおきに、と話されていました。集会終了後、私は6人のメンバーで、衆議院を回ってきました。最後に、倉林明子議員の所に行きましたが、福島第一原発汚染水問題で経済産業委員会に出ておられ不在でした。しかし、北民商から預かった大切な署名用紙は、秘書の方にしっかりと手渡してきました。」

景気悪化が心配なら増税やめろ

安倍首相は、10月1日『消費税を5%から8%に引き上げる決断』を表明しました。

そして、増税とセットの「経済対策」は、増税を財源にした大企業支援というデタラメぶりです。今景気がいいのは、円安・株高でもうけた一部の大企業や証券会社等です。アベノミクスで、株価と物価は上がっても、国民の所得は下っています。中小業者は悲鳴を上げています。労働者の賃金は、15ヶ月連続で減っています。

企業の70%は赤字で、法人税減税効果はなく、労働者の給料が上がる保証はありません。景気悪化を心配するなら、消費税増税中止こそ、最大の景気対策です。

北民商として、さらに地域に打って出て、この暴挙を多くの皆さんに伝え、『増税ストップ』を諦めず目指していきましょう。

〜3290人目標達成!〜

9・27国民大集会に向けた「消費税増税反対署名運動」は、当日までに3290人分を集め、1会員10人目標を見事達成しました。

上賀茂の三好さんは、住んでいる町内の方一軒一軒に声をかけました。

鷹ヶ峰の内田さんは、仲間と開催した美術作品展の会場にも署名を置いて、来場者に訴えました。

紫竹の佐々木さんは、知人、友人、仕事関係に署名を預け、遠い親戚には署名を郵送しました。

紫野支部では、役員会に地域で集めた署名の結集がありました。

弥吉会長も、地域の商店中心に訪問を繰り返しました。どこでも、怒りと不安の声、増税反対への共感が寄せられました。

闘いはこれから。署名運動もまた緒についたところです。もう一回り広げましょう。

全商連第17回税金問題研究集会

全商連第17回税金問題研究集会9月28・29日、東京で全商連税研集会が行われました。国税通則法改悪の下、税務行政変化の真っ只中での集会で、多様な闘い経験を学んできました。次号以降で報告します。

東日本大震災支援のお願い

福島原発の放射能汚染水の漏えいは、制御できない非常事態です。貯蔵タンク組立てのずさんな作業も明らかになっています。安倍首相の、「状況はコントロールされている」「健康問題は今でも将来でも、全く問題ない」との無責任発言に怒りがわきます。国は、『収束」宣言は撤回し、原発即時ゼロ、完全賠償の責任をとるべきです。北民商として、少しでも、被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。先週、支援物資の発送をしました。今週、支援物資の発送をします。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内