フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年9月23日号 No.222]

北民商ニュース 2013年9月23日号 No.222

頑張る商売、民商が応援!

鉄工業の方から、「仕事が春から激減して、従業員を時々休ませている。助成金がでるとニュースにでていたが」と相談がありました。雇用保険加入事業所で、売上が10%減であれば、従業員を休業させた場合に申請できる雇用調整助成金について説明しました。

早速、助成金センターに相談に行く予定です。「従業員の給料は保障したい。当面、これで何とか今の状況をしのぎます」と前向きです。

また、飲食業の方が、友人から聞いたと民商に相談がありました。

兄弟で店を営業していて、弁当の配達も手がけています。数年後の、法人成りも展望して、今年度の確定申告、従業員の労災雇用保険、共済会などの要求も出され、入会約束となりました。中小業者はその地域で、仕事をしていること自体が社会貢献、地域が元気になります。商売がんばろう。民商の仲間が応援しています。

消費税増税も社会保障改悪もノー

全国商工業交流集会の分科会「社保と税一体改革」では、金澤佛大教授より、「国が言う社会保障は『自助』が基本。国民同士助け合う『共助』で支え、国や自治体の『公助』は後退。おまけに地域主権で、国の責任はあいまい。もはや社会保障制度ではない」と批判し、全分野にわたる、攻撃と今後の課題を 報告しました。

また、佐飛税理士からは、「橋本消費税増税で9兆円。小泉『構造改革』で12.7兆円、安倍『社保と税一体改革』で16兆円の負担増。さらに、消費税10%では終わらず、財界は、10年後に15%と提言」「大企業は1円も負担せず、儲けを促進する消費税増税で、景気は後退、税収減少、財政赤字もふえ、中小企業の廃業、リストラ促進、給与減少、まさに亡国の政策である」と一刀両断。税制改革の展望について報告がありました。

北民商からは、若杉事務局長が「消費税増税を阻止する運動」について発言しました。

大阪の民商は、橋下市長が、滞納取立て専門の『債権回収室』をつくり、一括納付以外は、人権無視の滞納処分をしていると発言しました。

地元岡山の朝日訴訟の会から貴重な報告。人間裁判と呼ばれた朝日訴訟は、重症結核患者で、生活保護を受けていた朝日茂さんが、人間らしく生きる権利を求め国を相手に起した裁判です。当時、月600円の保護費で、肌着2年に一着、パンツ1年に1枚、ちり紙1日1枚半というひどい生活。早稲田大学の国の御用学者は「東北では、ちり紙でなく、ワラや草で、用を足す。」と言い放ちました。

社会保障大改悪の今こそ、朝日訴訟のような、原点の生存権闘争が必要、との訴えに大共感。頑張ろう!

共済会BBQレクレーション

共済会BBQレクレーション15日、共済会レクレーションを、小野郷「塚さん荘」にて、15名の参加で行いました。焼肉、新鮮な自家製野菜のサラダと天ぷら、釣りたての鯛の刺身、しめはうどんで、お腹いっぱいに。雨にも負けず、民商の事や、「選挙頑張ってほんまによかった」と、ほろ酔い気分で楽しく交流。「ガッコウ出てから50年、アッホレ♪」と歌踊りも飛び出し、とっても楽しい一日でした。

前進座観劇プレ企画 ふれあう夕べ

毎年恒例、新春の前進座観劇会、このプレ企画として、前進座の役者さんと身近にふれあえる楽しい夕べです。ぜひ、ご参加を! 詳しくは民商へ

とき:10月5日(土)18:30〜
ところ:中小企業会館2階(西大路五条下る)
会費:1,000円(☆軽食付き)

東日本大震災支援のお願い

福島原発の、高濃度汚染水問題が深刻です。安倍首相の、「状況はコントロールされている」「健康問題は今でも将来でも、全く問題ない」との発言も大問題です。汚染水漏れは、制御不能で、事故の全容もわかっていません。あまりの無責任さに腹が立ちます。国は、『収束」宣言は撤回し、原発即時ゼロ、完全賠償の責任をとるべきです。北民商として、少しでも、被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの、募金や支援物資カンパなどお願いします。

行事案内

商工新聞…今週の読み得☆