フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年9月16日号 No.221]

北民商ニュース 2013年9月16日号 No.221

いま輝く地域密着の家族経営

9月7、8日と岡山市で「中小商工業全国交流研究集会」が行われました。パネルディスカッションのひとつ「いま輝く地域密着の家族経営」では、いろんな困難がありながらも、家族や仲間と頑張る個性的な中小業者から報告がありました。

いま輝く地域密着の家族経営(中小商工業全国交流研究集会, 2013年9月7-8日)岡山市の河合さんは、親子3人で、昔ながらのちんどん屋を始めて20年。夜は居酒屋を経営し、夫がサクスホンの生演奏で、客のカラオケとコラボ。息子さんに知的障害があり、「子どもと一緒に仕事が出来る」とちんどん屋を始めたそうです。やってみて一番ちんどん屋にはまったのは息子さんで、抜群のリズム感で太鼓をうっているそうです。

昔は開店する店の宣伝の仕事があったが、今は、イベントが月数回で厳しい状況ですが、「息子の生きがいであるちんどん屋はやめない。体が動く限り続ける」「息子に嫁さんが来て、跡をついで、孫をみるのが私の夢」明るくやさしく、力強い生きざまに感動しました。以下は次号以降で報告します。

消費税増税は中止しかない

来月1日に、安倍首相は、消費税増税の最終判断をする方針です。しかし、最近の世論調査では、国民の7割以上が増税に反対しています。消費税10%で、史上最大の増税13.5兆円が家計に襲いかかります。97年に5%に増税された時も経済成長はマイナス、税収も大幅に落ち込みました。「財政再建のためしかたない」と言う人もいますが、これ以上の増税は、くらしと経済に前回以上の打撃を及ぼすのは確実です。税収も減少し、財政再建などとんでもありません。

財源は、労働者をいじめ、大儲けの大企業、株価の値上がりで笑いが止まらない富裕層に、応分の負担を求めれば、十分にあります。消費税増税を中止することが最大の景気対策です。消費税増税中止の署名を集め、国会に届けましょう。

福島民商からのおたより

支援物資、ありがとうございました。北民主商工会の皆様のお顔が浮かびました。(お顔はわかりませんが、仲間の笑顔はわかります)本当に日本は緊急事態が発生したと思います。福島は被災地として「原発はいらない」「ふる里を返せ」と心から叫びます。東電と国は、早くこの事故を風化させようとしています。放射能は臭いも色もありませんので、私達は危険に慣らされそうです。
2011年3月11日から日が過ぎる程、恐ろしい事が次々と出て来るので、このごろ少し疲れました。でも、全国の皆さんが応援して下さるので、何とか皆で元気を出しています。本当にありがとうございました。

第6回記帳講習会

今月は、昼と夜の2回、開催します。初めての方も気軽にご参加下さい。

※電卓、普段の伝票、領収書等ご持参下さい
◇日時:9月18日(水)昼1:00〜
    9月19日(木)夜7:00〜
◇会場:北民商事務所

第17回税金問題研究集会

改悪国税通則法のもと、税務調査や徴収の強権化、記帳の義務化など税務行政の変化に対応した学習と交流を図ります。詳細は北民商事務所へ。

日時:9月28日(土)13時〜29日(日)15時
会場:東京・浅草橋ヒューリックホール

東日本大震災支援のお願い

福島原発の、高濃度汚染水問題が深刻です。しかし、国際オリンピック総会で安倍首相は、「状況はコントロールされている」「健康問題は今でも将来でも、全く問題ない」と発言しました。汚染水漏れは、制御不能で、事故の全容もわかっていません。あまりの無責任さに腹が立ちます。「国際公約」を守るなら、原発即時ゼロ、完全賠償の責任をとるのはあたりまえです。北民商としても、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの、募金や支援物資カンパなどお願いします。

行事案内

商工新聞…今週の読み得☆