フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年7月29日号 No.215]

北民商ニュース 2013年7月29日号 No.215

払いたくても払えない国保料

国保相談会に、6人の方が参加をされました。

飲食店のAさんは、「今年になって、かつてなかった程お客が来ない。1日数千円の売上の日もある」食堂のBさんも「1日で客2人1600円のときもあった。家賃、公共料金を払うのもしんどい」など、『アベノミクス』はどこえやらのひどい実態が出されました。

参加者は、月1万円でも、国保料払うのが大変で、2〜3割でも減額されれば助かると、減免理由や、収入申告書を記入しました。また、所得が赤字の人にも、年間14万円の保険料通知がきていましたが、区に問い合せると、『家族の収入申告書』を提出すれば、7割の法定減免ができることがわかり、さっそく提出しました。国保減免は、払える国保料にするための運動です。活用しましょう。

「本当の豊かさ」を育んでいく

7月14・15日に行われた和のものづくり展の代表、刈谷さんの感想を寄せてもらいました。

和のものづくり展今回も、200名近い方々に観に来ていただきました。お忙しいなかありがとうございました。年々、厳しくなる職人の仕事環境の中で、年に1回ではありますが、こういった発表を続けていくことは私たちにとって、大変意義のある事だと考えます。

「つくり手」と「つかい手」が直接触れ合うなかで、私たちは今、社会のあり方に新しい「方向性」を見出そうとしています。和のものづくり展「競争」の時代から「共創」の時代へ!「つくり手」同士が、あるいは「つかい手」と「つくり手」が、相反する利益の追求を競い合うのではなく、同じ「方向性」をもって、共に「本当の豊かさ」を育んでいくとでも言えましょうか。今後も、「和のものづくり展」は、京都にある他の展示会や「市」などと共に、協力しながら、新しい流れを作るべく発展させてゆきたいと思います。

民商共済給付を受けらた方の声

◎前略、先日は入院見舞金を頂き、有難うございました。これから毎日、在宅酸素治療なので、大助かりです。大事に使わせて頂きます。共済のますますの発展、心よりお祈りします。
敬具 (Kさん)

健康診断結果報告会のご案内

6月に行われた民商健診の報告会と健康講座を、上京診療所のご協力で開催します。皆さんご参加ください。

◇とき:7月31日(水)午後7:30
◇場所:北民商事務所
☆今回のテーマーは、栄養士による楽しくおいしい食事のお話です。

待鳳・紫竹・平和夏祭り

恒例の平和夏祭り、北民商も模擬店を出します!

とき:8月10日(土)午後6時〜
ところ:紫竹・大門公園
☆模擬店・盆おどり・平和展示会、お楽しみ抽選会あります!
主催:待鳳・紫竹平和夏まつり実行委員会

東日本大震災支援のお願い

東京電力は、福島原発の放射能汚染地下水が、海へ流出していたことを、初めて認めました。情報隠しで、重大事故の対策は益々おくれるばかりです。こんな事態で、再稼動など論外です。原発をなくし、住民の為の復興を支援する運動を広げていきましょう。北民商としても、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続きの、募金や支援物資カンパなどお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内