フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年6月10日号 No.208]

北民商ニュース 2013年6月10日号 No.208

高すぎる国保料何とかしたい

先日来、国保料の相談が寄せられています。

「前年度の申告所得が減免基準を上回ったからと、国保料約10万円の減免取消の通知が届いた。今年度の保険料もあるし、何とかしたい」と、連絡がありました。今年に入り、売上が減少していることを、区役所に伝えると、「収入が減っているなら、今年度分は減免できる可能性はある。通知が届き次第、分納の計画をたてましょう」と返答がありました。

今年度の通知は6月中旬に届きますが、保険料は前年度と同額です。高くて払いにくい方は、要件が合えば、減免は可能です。7月に集団申請を予定しています。班会でご相談下さい。

青年部で焼肉異業種交流会

青年部で焼肉異業種交流会6月2日、京商連青年部の焼肉交流会が松尾橋で行われ、北民商から3名、全体で48名の参加で、にぎやかな1日を過ごしました。

初参加の北民商の会員さんは兄弟で来られ、「民商が全国組織で、こんなに異業種の人がいるなんて知らなかった。今日は、たくさんの人と交流ができて、参加して本当に良かった」と、大満足の様子。

竹島議長より、「11月に業者青年の交流会『わっとShow魂』が開催されます。異業種の交流をいかして、仕事おこしにも、つなげていきましょう」と訴えがありました。

憲法96条をなぜ改憲?

5月19日、北・上京革新懇定期総会に、北民商も代表が参加しました。

運動方針、会計報告等の後の講演では、川中弁護士から「自民党の改憲草案批判」と題して話がされました。「改憲派が、憲法9条ではなく、改憲のハードルを低くするため、96条を変えて、発議に必要な各院総議員の数を3分の2以上を、2分の1にするのはおかしい。最高法規である憲法を議会の多数決で変えていいのか。憲法を改正している米国もドイツも、改正手続きは大変厳しい。そして変えた内容も、日本の9条と違い、選挙権の年齢、大統領の三選禁止など、憲法の本質に深くかかわる改正と違う」「自民党の『改正』案は異常。第一条に『天皇は日本国の元首』、第三条『国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない』、九条は『国防軍を保持』とあり、国を自衛することと、総理大臣の判断で、私たちの集会・デモ等の弾圧もする可能性がある」「憲法尊重擁護義務から天皇が抜け、国民が入った。憲法で国民が国家権力をしばるはずが、憲法で国が国民を支配するようになる」。

このひどい内容を、多くの人に知らせていきましょう。

レコード音楽を聴こう会

CDもいいですが、たまにはレコードで本格的に音楽を聴きませんか。コーヒー、紅茶とケーキでゆったりと…。聴きたいレコードの持ち込みもOKです。

◇日 時:6月16日(日)午後1時〜3時
◇ところ:「喫茶ムジーク」さん(衣笠、小松原北町 Tel: 464-9931)
◇参加費:500円
※事前に事務所へ申し込み下さい

東日本大震災支援のお願い

先週、福島県連に、米、味噌、しょう油、トイレットペーパーを支援物資で送りました。ご協力、ありがとうございます。6・2原発ゼロ集会は、全国から6万人が集まり、国会前で「原発いらない」「再稼働反対」の声を突きつけました。私たちも、原発をなくし、住民の為の復興を支援する運動を広げていきましょう。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内