フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2013年1月14日号 No.188]

北民商ニュース 2013年1月14日号 No.188

消費税増税は死活問題!

12月22日、毎月恒例の消費税増税中止の署名宣伝行動を、大宮商店街で行いました。

「増税決まったものは仕方がない」と言う小物屋の店主に、増税法に景気が悪いままだと、増税は中止すると書いてあります、と話すと、じっと考えながらサインしてくれました。

以前民商会員だったというお惣菜屋さんは、署名を見るなり、「夫婦2人でするわ」と、こころよく署名を。

洋品店では、「年末なのに、こんなにも人がいない。昔は、大晦日の夜11時まで店を開けて、お客さんが新年の服を買いに来てた。銀行もギリギリまで走って店まで来てくれてたのに…。せやのに消費税を上げられたら、店閉めなあかん」と、しんどい状況を話してくれました。

消費税増税は、中小業者にとって、死活問題であり、展望を示せば運動が広がる可能性があることを実感しました。国税通則法改悪後初の確定申告が始まります。一人でも多くの業者に、増税中止と「相談は民商へ」の声を届けましょう。

消費税、だいっ嫌いやねん!

12月25日、北区消費税各界連の署名宣伝行動を、11名の参加で西賀茂生協前にて行いました。

消費税反対署名「総選挙で、自公政権が誕生しましたが、私たちは増税を信任した訳ではない。新しい国会に向けても、消費税増税中止の署名を届けましょう」と訴えました。

対話した女性は、「年金で生活している。私、消費税はだいっ嫌い!何にでもかかるし、しんどい。年金もいつの間にか減らされ、介護保険料は上がるし、どうせい言うの」「選挙は残念やったけど、ここで諦めたらあかんね。頑張って」と、怒りと激励の署名をしてくれました。消費税の増税は、私たち中小業者、国民の暮らしも経済も破壊してしまいます。

北区各界連では、2013年は消費税増税中止の年にしようと、今年も毎月宣伝行動をします。新しい国会に届ける署名にご協力を!

安心できる年金制度つくろう

先日、北区社保協の「なんでも相談会」を行い、北民商からも相談員として参加しました。

年配の男性から、「以前勤めていた時、厚生年金に加入していた。退職し、国民年金になったが払いきれず、年金収入はゼロ。どうしたらいいのか」と、相談がありました。昨年の年金制度改正で、この3年間は、不足している過去10年分の年金を納めることができ、条件次第では、年金の受給資格が得られる可能性があります。当面、相談窓口となっている日本年金機構に、加入月数の問合せをすることになりました。

年金の受給資格年数が25年というのは、長すぎます。加入期間が足りないと、かけた保険料がムダになるので、不足分を埋める必要があります。現役世代では、免除制度の活用が大切です。安心できる年金制度を国に要求しましょう。

京商連拡大出陣式のご案内

国税通則法改悪後の不当な税務調査が横行しています。税金民商の値打ちを押し出し、仲間を増やす絶好のチャンスです!春の拡大運動をスタートする「拡大出陣式」にぜひ、ご参加下さい。軽食コーヒー有り。

◇とき:1月22日(火)午後7時開会
◇ところ:中小企業会館2階ホール(西大路五条下ル東側)

東日本大震災支援のお願い

昨年12月、民商福島県連へ支援物資を送りました。福島は、厳しい冬を迎えています。東電の原発賠償出し渋りや打ち切り、賠償金への課税は論外です。国と東電が責任をとるべきです。福島県連へ連絡をする度に、「忘れずに気にしてくれて、ありがとう」と言われます。報道はめっきり減りましたが、復興は全くできていません。

北民商として、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。引き続き、ご協力をよろしくお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内