フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[北民商]>[ニュース 2012年12月10日号 No.185]

北民商ニュース 2012年12月10日号 No.185

婦人部総会で元気もらう

12月2日、婦人部第32回定期総会が、21名の代議員の参加で開催されました。

婦人部第32回定期総会渡辺婦人部長から、「消費税増税実施で、営業と生活は破壊されます。民商婦人部の皆さんとともに、実施させない大運動を盛り上げていきましょう。衆議院総選挙で、国税通則法、TPP、即原発ゼロ、どの問題でも私たちの意思をはっきり示し、力を結集して頑張りましょう」と挨拶。来賓では、北民商弥吉会長、日本共産党浜田府会議員からご挨拶をいただきました。

討論では、電気工事の浅田さんが、「仕事を一緒にしても息子に給料が出せない状態。親の介護では、3ヶ月ごとに施設が変わり、本人が一番つらい思いをしている。政治を変えて高齢者に優しい社会にしなくては」と発言。

〜業者婦人がいきいきと〜

婦人部第32回定期総会建築の塚さんは、「若い人が安心して子どもを産み、育てられる環境がない。また、業者婦人がいきいきと暮らすために、政治をもっと自分たちに引き寄せて、動かしていかなあかんと思ってます」。

学生マンション経営の野田さんは、「親の経済状況の悪化で家賃が遅れるなど、学生生活に影響している」等、政治が、中小業者・国民の営業と生活にひずみをもたらしていることを実感しました。

「悪政が、私たちのくらしと健康を圧迫している」「みんなの話しを聞いて元気が出た。やっぱり集まって皆で話をすることが大切」など、感想も寄せられました。

どんな時も力を寄せ合って、私たちの手で政治を変え、一人一人が輝ける世の中にしよう、と一致できた総会でした。

民商に相談して良かった

法人で製造業を営んでいる方が、「売上が減り、高齢で仕事も減る一方。このまま法人でいいのかどうか」と相談がありました。借入や売掛金の整理をし、法人を休業し、個人で申告をすることになりました。

「今までは税理士さんに任せていたので、税金のことがほとんどわからず、困っていました。民商さんに手続きなど教えてもらい、ほっとしています」と、入会していただきました。

中小業者の要求は様々です。営業とくらしを守るためにも、地域に民商の相談会活動を広げていきたいと思います。今月も相談会ビラ1万枚配布に取り組んでいます。ぜひ、ご協力下さい。

歳末かけこみ資金貸付のお知らせ

◇貸付額:一世帯最高15万円
◇返済期間:2年以内、無利子
◇受付期間:12月10日(月)〜14日(金) 午前9時〜11時30分、午後1時〜3時
◇受付場所:北区役所3階・第4会議室
◇貸付日:12月26日(水)
※必要なもの:健康保険証(世帯員全員分)、印鑑

東日本大震災支援のお願い

東電の原発賠償出し渋りや、賠償金への課税が大問題となっています。国と東電が責任をとるべきです。

北民商として、少しでも被災者の生活と気持ちを支えていきたいと思います。12月は、中旬過ぎに支援物資を送ります。引き続き、よろしくお願いします。

商工新聞…今週の読み得☆

行事案内