フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2017年7月10日号]

上京民商ニュース 2017年7月10日号

いのち守る行政を 国保は人権守る社会保障制度

7月20日 国保減免申請と保険課との懇談
上京区役所4階にて午前10時より

高すぎる国保料の減免を求めて、減免申請書の提出と面接を行います。国保減免は「今年の所得見込みが減少し保険料の納付が困難な場合」受けられる制度です。多くの中小業者はコスト・材料高・増税不況で収入が減少、暮らしに困る状況が広がっています。班や支部で声を掛け合い、集まって準備を進めていきましょう。

区役所との懇談では「命守る行政運営を!保険証がなく手遅れで亡くなる人が無いように」と求めていきます。

保険課へ要求します。国保法は「社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする」制度と明快です。社会保障では、命は平等、どんなことがあろうが医者にかかれるようにしているのが、国民皆保険制度の根幹の国保制度の基本理念です。いのちを守るとは「人権」守ることです。国保に関わる職員は「人権」守る仕事をしていると自覚を持って市民に対応していただきたいと思います。

国保加入者の負担軽減は当然

社会保障制度であれば高すぎて払えない保険料は改善して当然です。京都市国保は無職の方や年金生活者が多く、49%の方が所得33万円以下の世帯です。

法律で自動的に行う「法定減額」で救済できないボーダーラインの世帯、増税不況で苦しむ中小業者など京都市条例に基づく「国保減免制度」を、どしどし申請し、払える保険料へと改善を図っていきましょう。

国保減免申請相談

20日に減免申請を提出希望の皆さんの申請書相談を次のとおり行います。

◇日時…7月13日(木)、18日(火) 午後1時〜3時(両日とも)
◇ところ…上京民商事務所
◇持ち物…印鑑、健康保険証、4月から6月の収入と経費支払い金額のわかるもの

詐欺電話が相次ぐ

このあいだから、北区、上京区の民商会員さん宅へ、詐欺電話が次々とかかってきています。翔鸞支部のEさんから「うちにもかっかてきた」と事務局に電話がありました。「京都府警からでアンケートとか言うんやわ」「電話の声を録音すると言うと、録音しても意味ないですよ、説明にいきましょうかと言いよるんやわ」「どうぞきてと言うと切れたわ」「警察に連絡すると、それは偽もんや、きたら連絡ほしいとなったんやわ」「警察は近所に待機してうろうろしてたけど、こなかったわ」とのことです。

6月14日の新聞にも「警察官装い800万円詐取」、山科で事件が起こったと報道されています。手口は「あなたの預金が犯罪につかわれていると電話を掛けてきて、銀行の保証協会職員をかたった人物が現金を引き上げにきたというもの。詐欺を働く前に、アンケートといって、家族の状況などを聞き出す手口が今回のEさんの場合かもしれない・・・。あわてず、相談、ひとりで判断しないことが大事なんでしょうね。

激励・歓迎会案内

河野さん退職、福田さん入局

7月10日に河野事務局が「ほぼ」定年で退職となり、北民商事務局の福田香織さんが入局します。理事会では、河野さん激励と福田さん歓迎の会をしようと企画されました。

ぜひ、多くの会員の皆さんのご参加を呼びかけます!

とき:7月22日(土)夜6時から
ところ:源八鮨(千本旧二条下る東側)
会費:3千円

上京区まちづくり活動事業補助を獲得

上京民商も参加する西陣・町ミュージアム構想検討委員会は、春先に行なってきたイベント「洛中マルシェ」の活動の日常化、区役所や民間会場を使った「ものづくり体験教室・区民ものづくりカフェ」の事業申請を行ない、このほど補助金の交付予定が決定されました。この補助金は、上京区が独自に行っている事業で、多くの区内の諸団体が申請、参加されています。

ものづくりを広く、市民に参加を呼びかけるもので、参加してみようと思われる方は、ぜひ上京民商にご連絡ください。今後、事業の内容について相談する予定です。

マイナンバー事故起こる

マイナンバーの事故,京都市でも やっぱり 起こりました。5月18日、個人の府市民税の通知を事業所に送ったときに、間違って違う住所や事業所に送りつけたと発表しました。

マイナンバーには、今後さまざまな個人情報が「ひもつけ」されていくらしい。年金情報や民間会社の個人情報がサイバー攻撃で漏えいしていることも、たびたび報道されています。京都市はマイナンバー制度の維持にすでに13億円も支出しています。顔写真の入ったマイナンバーカードは「地方公共団体情報システム機構」というところが情報を管理発行をしているらしいのですが、個人の顔写真データーを警察に提供していることが国会での日本共産党議員の質問でわかりました。顔写真は市役所も保有せず、この「機構」のみが保有する仕組みらしいです。監視社会が進むだけのマイナンバー制度、国民になんのメリットもありません。利用の中止、制度の廃止が求められます。

日本一の共済会、京都総会参加

京商連共済会総会に出席した仁和支部の松田さん、室町支部から小野さん、村上事務局長京商連共済会総会が開かれ、上京民商から、仁和支部の松田さん、室町支部から小野さん、村上事務局長の3人が参加しました。

会員同士が助け合い、目配り、気配り、心配りの気持ちを持って、お互いを気遣いあう、そんな日ごろの活動の様子が交流されました。

上京民商共済会員は会員比8割を超える会員さんが入会されています。

先日75歳のお祝い金5万円を受け取った成逸支部のTさんから、「長いお付き合いだなとしみじみ感じました。色々とお世話になったな。思わぬ臨時収入で助かります。ありがとうございます」と、お葉書をいただきました。助け合いの共済会、全会員が加入しましょう。