フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2016年12月12日号]

上京民商ニュース 2016年12月12日号

記帳・記録は営業守りのばす土台

月別収支集計用紙届けます

記録する・帳面つける4つのメリットがありまっせ!

賢い営業、暮らしを守るために、営業の記録は欠かせません。皆さんが日々記録しているものを集計すれば、もっと役立ちます。

今回、科目別月別収支集計用紙をお届けします。(従来の自主計算用紙は連絡いただければお届けします)

4つのメリット

今年一年の記録を整理すれば、4つのメリットがあります。

@売り上げ、仕入れ、経費の状況を系統的につかむ「自主記帳、自主計算」は、景気やお客の流れを敏感につかみ、無駄をなくす、商品の適切な管理する「出発点」です。

A商売を数字でつかむことは、商品メニューの開発や新しいことへのチャレンジを考える土台を豊かにします。

B生活費に食い込む税金や社会保険料を軽減したり、支払い方を緩和する主張、要求実現の保障となります。

C徴税攻勢を跳ね返す力となります。

皆さんがつけている記録,帳面を集計してみましょう。集計をもとに1月2月の班会や支部集会で話し合い、納得のいく確定申告をしましょう。

マイナンバー書かないほうが簡単?

税金に関わってマイナンバーの本格実施が進んでいます。新聞「税のしるべ」によれば、「平成28年分以降の確定申告書等の提出の際にはマイナンバー(個人番号)の記載とともに、本人確認書類の提示または写しの添付が必要となる」と報道しています。

本人確認とは、「写真と番号が記載されたマイナンバーカード」もしくは「写真つきの証明書(たとえば運転免許証)と番号の通知カード」の2種の提示が必要となります。

情報漏えいの危険性への不安もあり、マイナンバーカードは900万枚前後の普及しか進んでいません。

通知番号記載と本人確認実施はムリがあると思います。

民商では、全国でマイナンバー制度の廃止を訴えてきました。国や市との交渉で「確定申告書に番号を書かなくても受理し罰則や不利益はない」(国税庁28年9月16日)との回答を引き出しています。

マイナンバーは書くと、面倒な本人確認、書かなければ本人確認必要なしということです。

小規模事業者持続化補助金事業計画書づくり学習会

国が行う中小業者向けの補助金

現在営業中の皆さんが、新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発などや、地道な販路開拓とあわせて行う業務の効率化(生産性の向上)などへの経費の一部を補助する制度です。販路開拓では「新商品陳列のための棚の購入」販促チラシの作成、業務効率化では、「整理スペース確保のための店舗改装」なども例示。総費用の三分の二が補助され、上限は50万円。75万の総予算であれば、上限の50万円が補助金支給されます。なお1月27日までに申請をして、承認されれば、2017年末までに実施した事業への補助金となります。

この申請のためには、事業計画書作成が必要です。ごいっしょに考えてみませんか。

上京民商事業計画書勉強会

日時:12月19日(月曜)午後7時半
場所:上京民商事務所にて

元気な民商「新春のつどい」

2017年「元気な民商新春のつどい」を次の日程で行います。会員同士集まり、異業種の会ならではの交流を行いましょう。会場は、カナダで20年修行し河原町にカジュアルフランス料理の店として評判のルポンさん。上京民商会員のお店です。会員ならどなたでも参加できます。ぜひお誘いあわせご参加ください。

とき:1月28日(土)午後6時〜
ところ:カジュアルフランス料理 ルポン(河原町通丸太町上る東側)
参加費:3000円
しっかりした梁の残る2階テーブル席で、自慢の野菜やお肉料理などをいただきます。

夢のフィギュア博物館!

夢のフィギュア博物館をオープン上京民商商工新聞読者の楯さんが自宅にて「フィギュア博物館たてくんミュージアム」をオープンさせました。

築100年あまりの自宅京町家を改装、2階を博物館として、人形・フィギュア約3000点のコレクションを壁いっぱいに展示しています。

ウルトラマン、仮面ライダーなど昭和のにおいに包まれ、宇宙戦艦ヤマトの館長や映画「スターウォーズ」のヨーダが西陣織金襴地の冠と衣装で登場します。手づくりのジオラマ(情景模型)に手づくりのゴジラが聳え立つコーナーもあります。

楯さんは、もともとは歯科技工士さんでした。その器用さが、ゴジラに現れています。上京民商の商いカフェにも来たこともある楯さん、「フィギュア好きな人とは、話が尽きない」そんな彼に出会える「たてくんミュージアム」です。

場所は、今出川通小川西入る南側、開館時間は午前9時から午後8時30分、料金は600円

戦後71年、平和の鐘をつく!

戦後71年、第2次世界大戦、日本が領土拡張の野望で真珠湾攻撃を行った日12月8日、13回目となる「平和の鐘をつく会」が、区内の大輪院さん、本久寺さんで平和を願い、それぞれ半鐘、梵鐘をつきました。

若いママさんも参加

平和の鐘をつく会(12月8日)大輪院では朝10時半、20人近く人が集まりました。赤ちゃんを連れたママさんたちなど若い女性が3人も参加、会代表の古武さんが「13回目にして始めて若いママさんや女性の参加です」と紹介しました。国際ボランティアをする女性、82歳の女性、産休中だからこれましたという女性、上京民商からも仁和支部の熊谷さんや山本さんなど続けてこられた平和の鐘をつく取り組みに参加者が広がりました。なお二ヶ寺での参加者は50人を越えました。

戦争へと向かう空気が恐ろしい

もうおひとりの代表者松田さんは、「75年前の開戦の今日、夜は勝った勝ったにっぽん勝ったとちょうちん行列で国民みんなが浮かれていた」と、その経験を語りました。

釈迦の教えに真っ向から反する

大輪院石田住職は「戦争は、命を尊ぶ釈迦の教えに真っ向から反する行為、毎日毎日戦争をさせない活動の積み重ねが大切だ」と訴えました。

お三方のご挨拶のあと、参加者それぞれが、半鐘をつき、300万人にのぼる先の大戦の犠牲者のご冥福を祈りました。

午後には本久寺でも鐘をつき平和を祈りました。

助け合い活動強めようと決議 理事会

上京民商総会後の第1回理事会を行いました。

切実な要求、願いに応える民商活動を進めよう
@自主記帳・自主計算を意識的に、春の班会を旺盛に
A1月班会を役員中心に運営し、全班、全会員へ声の届く活動へ前進を
B商売経営に役立つ学習会など経営、暮らしの学習会に取り組む
などの活動を推進することを決めました。

仲間づくりの活動、リレー

仲間づくりの活動は、人助け、世直しの運動の力になると、今春は全京都24の民商が毎日仲間を増やして拡大バトンをリレーすることが呼びかけられたことから、わが上京民商も、2月10日、3月17日、4月21日の3日間が拡大当番日、絶対この日は仲間を増やして、次の民商さんへバトンをつなごうと話合いました。

年末調整計算会のお知らせ

従業員や青色専従者の源泉徴収分のまとめを行う年末調整書類の記入会、計算会を行います。

日時:12月16日(金)午後7時、1月16日(月曜)午後1時半(両日とも1時間半程度)

. いずれも上京民商事務所にて行います。今年度は、マイナンバー制度への対応含めた学習も行います。