フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年6月29日号]

上京民商ニュース 2015年6月29日号

ストップ戦争法・上京パレード

戦争法案阻止、国会会期延長抗議のパレード24日戦争法案阻止、国会会期延長抗議のパレードを行い2コースで80人の区民が参加しました。このパレードは上京民商も参加している「ストップ戦争法案北・上京共同センター」の呼びかけで区内2箇所の公園を出発点に「戦争法案反対」を訴えて歩きました。翔鸞児童公園出発の商店街コースには、芦原会長や柴田、高橋、河野の各理事と村上事務局長が参加しました。通行人や商店主からの声援もあり、戦争アカンの市民の声を肌で感じました。参加者から「廃案目指してもっとやろう」の積極的な提案もありました。引き続き、宣伝や戦争立法反対署名で国民の声を示していきましょう。

*国会会期末の24日、自民・公明政権は、戦後最長95日間の会期延長を行いました。国会で多数を握る自民公明が戦争反対の世論に追い詰められつつ、なにがなんでも戦争立法を成立させようとしている表れです。

国保減免申請7月23日(木)に

市民税や国保料の通知が届きました。今月6月から支払いが始まります。国保料が高くてお困りの場合、保険料の減額手続きで、保険料を下げることができます。

上京民商では、国保減免の集団申請を行います。それまでに、支部や班で「国保減免相談会」を開催します。

集団申請と国保課との懇談日

日時:7月23日(木)午前10時30分から
場所:上京区役所 4階大会議室のAにて

取るときは細かいなぁ、市国保

京都市国保は、今年の所得見込みが減少すれば、保険料を減額する規定がある。直近3ヶ月の収入と支払いの数字を記入し、いわゆる「所得」の年間見込みを算出して減額する金額を決めている。

ところで、この減額申請を3年連続すると、翌年の確定申告書の提出を国保課が求めてくる。Kさんも昨年3年連続だといわれ、今年3月に申告書控えを区に提出した。4月16日に「国民健康保険料減額変更通知書」がKさんに送られてきた。そこには減額承認の変更として変更前31,420円が30,240円へと記入されている。1,180円の追加の保険料納付書も送られてきた。

減額されたとはいえ、18万6000円の保険料。3ヶ月の所得見込みが、一年間の確定申告で、多少違ってくるのはあたりまえでは? 年額で1,080円の追加なんて・・・細かすぎるんじゃないかな、取るときは。もし、もっと下がっていれば、保険料もっと下げるってわけでもないんだろうに・・・?

上京民商簿記学習会始まる

6月23日、上京民商簿記学習会が始まりました。帳簿をつける上で、必要な知識を習得しよう、知っておくと便利かも?ときっかけはさまざまですが、2組3人の会員さんと事務局員の5人が生徒、講師は、経理センターの佐藤専務理事です。

簿記とは何か、いきなり難しい用語も飛び交いました。まず商売のお金と生活費を分けよう、ここが帳面付けの極意ですと講師、商売の管理とはお金の管理と進みます。経費早見表で、いつもの支払い、気になっている支払いの経費科目を書いていきます。「売掛金ってなんですか」と、わかっているつもりの言葉もみんなで学びながら進めました。

次回は、6月30日、(火曜)午後7時〜9時

引き続き、複式簿記の考え方での経費の科目わけなどを行います。帳簿をはじめる刺激になる学習会です。2回目から参加も大歓迎です。

集まれば元気に、待賢支部

6月19日、待賢支部は、会員交流会を開き4人が集まりました。久々の集まりで、昔話にも花が咲きました。「丸太町通は駐留軍の飛行機の滑走路になっていた」「八坂神社の石段を戦車が登った」と70年前の情景が語られました。

戦争法をストップするためにも話し合いの場が必要だと話はすすみ、「全盛期は、うちの支部も60人いて、班会もよく集まった」という発言もあり、今後支部役員会を開いていくことになりました。

参加していた篠原さん、間野さんは交流会会場となった会員の「花生歩・市原」のお父さんとは若いころ一緒に野球していたこともわかり、「また、来ますわ」との声も出て、会員どうし、ぐっと距離の縮まる集いとなりました。

共済会へ喜びの声、届く

こんなにたくさんいただいていいの。受け取った最初の感想でした。もううれしくて、うれしくて。私たち低所得者、年金生活者には最高のボーナスでした。共済に入っていてほんとうに良かったと思います。大切に使わせていただきます。国から、こういう補助があったらと思います。ほんとうにありがとうございました。  室町支部 Iさん

民商共済会65歳までに入会し75歳を迎えた共済会員には、長寿祝い金5万円を給付しています。

全商連地方別交流会岡山会場に参加

6月20日、21日、上京民商から芦原会長、越智副会長、村上事務局長、水野京婦協会長の4人が参加しました。関西の兵庫、京都、四国4県、中国地方5県から民商の三役や専門部長が参加しての会議でした。

毎年、会員、読者を増やし続けている民商の話など、全業者対象に粘り強く対話を続けていれば、前進できる。若い役員が生まれれば、そこから新しい民商運動が生まれるなど刺激的な話が聞けました。参加した上京民商役員は、これから上京でも業者訪問をしましょうと申し合わせて帰ってきました。なお、この会議に向けて、間野さんが、知人2人に訴え、水野さんが元会員に呼びかけ3人の新読者を増やしました。