フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年6月15日号]

上京民商ニュース 2015年6月15日号

アカン 戦争立法、戦争財源は消費税増税

6月9日上京民商理事会が開かれ11人の役員さんが参加されました。戦争立法商工新聞の漫画記事を読み合わせ、商売や暮らしの様子を話し合いました。

滋野の酒井さんは「B29の爆音が地面の下からうなるように聞こえるんですよ」と戦争の恐怖を語りました。「安倍首相の憲法違反を罰することはできないのですか」の質問もでました。「国会で決める前にアメリカで安保法制、実現を約束なんて国民をなめてる」の声も。集会参加や署名で反対意思表示をしようと申し合わせました。

消費税増税不況は深刻、増税で軍事費増える

「消費税が上げられた昨年4月以上に売り上げひどくなっている」「問屋の廃業が増えて」「うちの店も閉店時間を早めました」と消費税増税影響がひしひしと感じられます。「安倍政権の3年間で軍事費が右肩上がり、消費税増税は戦争財源」と消費税増税阻止の声も広げていこうと話し合いました。

よかったことは人にも勧めよう

越智副会長は「気がついたらガンだった人が知り合いで2人もいた」「大腸検診していない人も多い」「民商は、体のことも気をつけあっている、民商に入ってよかったと、もっとみんなに広めたい」と発言しました。間野会計は「待賢支部は久しぶりに会員交流会を行います」と活動を紹介しました。

理事会は、「よかったことは人にも勧めよう」と会員、商工新聞、共済会員など増やしていこうと申し合わせました。

区納税課、滞納一掃に躍起?

会員のAさんから「固定資産税を毎月3万円づつ払っていて、減っているんだが、27年度分の通知分(納期未到来と書類には記載)をいれると、延滞税数十万いれて100万円超えるので担保をだせと言われて困ってる」という相談があり分納相談に同席させてもらった。

まず、税金が一番優先だと職員が言う。Aさんは前回国保料など払わなくてもいいので税金の支払いにまわせと言われたという印象を語る。そこで、職員は「税金が一番だ」と繰り返す。次に職員から(調査用紙?)と書かれた市の用紙に記入を求められた。売り上げや経費を書き、所得状況、また預貯金などの資産状況の欄がある。Aさんは、「こんな書類、今まで書いたことがない」(彼は長く税金の分納を続けており、母親の病気などから換価の猶予を適用)と憤慨するが、職員はとりあわない。「任意の書類でしょ、調査は市が行うこと、聞き取りしては」と私が割って入るが、職員は書いてくれといい続けていた。

税軽減の申請書も渡さない区納税課

そこで、「そんなこと書くぐらいなら徴収の猶予の申請書を下さい」というと職員は「徴収の猶予の書類は渡せません、お話を聞いてからです」と申請書もくれない。結局、職員は上司と相談の上、今後の分納を認めるかどうか返事するという。納税緩和の申請権を認めない区の納税課、税の集め方を定め、納税者の権利も規定する法律は知ってか知らずか?とにかくあんまり感じのいい対応ではない。

機械的対応、郵便を送りつけるのみ!

翌週分割納付用紙と分納誓約書が郵便で送られてきた、誓約書を送り返せと書いてある。電話での連絡はない。相談に訪れた市民に「返事する」といったからには、説明があってもいいんじゃないの、こんなことで市民の実情をよく聞く姿勢といえるのかと思う事例だ。それでもAさんは、民商さんと一緒にいって「分納」認められよかったと喜んでいる。

国保・なんでも相談会 区役所にて

上京民商も参加する上京社会保障推進協議会は、「国保・なんでも相談会」を開催します。

今月、今年度の国保料の通知が送られてきます。高すぎて払えないとお困りの方、ぜひご相談ください。昨年の所得に比べ、今年収入・所得が減って入る場合は、その減少割合に応じて保険料を下げる仕組みがあります。

国保・なんでも相談会
とき:6月25日(木)午後1時30分〜4時まで
ところ:上京区役所4階会議室

記帳・簿記学習会

上京民商の会員さんの要望に応えて、記帳・簿記学習会を行います。

会社の記帳は簿記が原則です。青色申告では、複式帳簿(簿記)の記帳で65万円の控除ができる「税金軽減の優遇措置」もあります。

仲間での学習会です。お気軽にご参加ください。

3回でひととおりの学習とします。講師は、法人記帳を行っている「協同組合京都商工業者連盟」事務局員が行います。

とき:6月23日(火曜)、6月29日(月曜)、7月7日(火曜)
いずれも午後7時〜9時
ところ:上京民商事務所2階
参加費:無料

簿記とは

経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録すること。「お金やものの出入りを記録するための方法」が簿記です

介護保険料(自動的に)また上って!

「介護保険料が上った」「所得が変わっていないのになんで」と問い合わせがあり、京都市に聞いてみました。職員は「今年4月から保険料の改定がありました」「保険料10段階が11段階になって第5段階の人は自動的に第6段階になってるんですよ」という答えでした。

保険料はどんどん値上げになっています。その上、基準を変えて「自動的」に値上げされては、市民は困ります。来年2月に、市長選挙があります。市民に優しい市政実現をと思わずにいられません。