フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年5月25日号]

上京民商ニュース 2015年5月25日号

滞納があれば高額医療費制度使えない?

いのち軽視か?「保険料滞納払わねば、限度額認定証交付できません」・・上京区国保課で、入院の際、病院窓口での支払を法定の自己負担限度額までにとどめることができる「限度額適用認定証」の交付を保険料滞納を理由に拒否する事例が生まれています。

国保法では、保険料滞納があれば限度額適用認定証を交付しないとあるものの、申請者に世帯主や家族の病気など「特別な事情」があれば「交付する」となっています。京都市発行の冊子「国保ガイド」でも「保険料を滞納していると」「限度額適用認定証の交付を受けられない場合があります」と書いてあります。

ひとりぐらし、入院は特別事情認定が当然では

相談者のAさんはひとりぐらし世帯、飲食業をしていましたが、売り上げ不振が続き、店を休業、運送関係の仕事を続けてきました。ブラック企業とAさんが言ういくつかの会社では、下請け扱いで、深夜まで働くことが通常となっていきました。眠気覚ましのための缶コーヒーの多飲や食生活の乱れからか、糖尿病を発病。見つかってからもなかなか治療に踏み切れなかったものの、5月1日、大学病院に緊急入院となり、15日にやっとのこと退院となりました。

病院から、「限度額適用認定証を受ければ、非課税であれば、35,400円です」と指導を受け、区国保課に相談にいきました。そこでの回答がこの記事冒頭の言葉です。彼の滞納額は16万円あまりでした。

「特別の事情」、現在の事情だけでは認めない「区」

上京民商では相談を受けて、15日、Aさんといっしょに国保課窓口へ、対応した係長は国保の法令集らしきものを見せて、「入院した以降は特別事情を認めるが、それまでは、特別事情を認められない。入院前の滞納保険料を払わねば限度額適用認定証は発行できない」といいました。特別な事情を申請時の現況で認めないのかということが争点です。

上京民商では、京商連社会保障部の支援も受けて、21日区国保課との話し合いを持つ予定です。

限度額適用認定証は、入院や外来診療・調剤薬局等での医療費の支払額が、国が定める自己負担限度額を超えて高額となるとき、窓口での支払を法定の自己負担限度額までにとどめることができるものです。
法定の自己負担限度額(医療機関の窓口で支払う金額の上限)は被保険者の所得区分で異なります。
70歳未満では、世帯合計の所得243万円以下の場合57,600円、市民税非課税世帯は35,400円
70歳から75歳未満・・同44,400円、同24,600円となっています。

日本母親大会、神戸開催「物産展」出店のお知らせ

8月1日、2日(土・日)に神戸国際展示場で開催が予定される「日本母親大会」の物産展を募集しています。京都からは20店舗の枠です。

出店区分:全体会、分科会、1店舗3.6m×2.7m
出店料:3万円(椅子、机・電気使用など別途必要、各自機材持込可)
締め切り:6月15日 (京商連必着)

戦争立法を阻止しよう!

安倍自公政権は戦争立法を国会へ提出しました。法案名は「平和安全整備法案」など平和をつけていますが、世界中で自衛隊がアメリカ軍と一緒になって戦争行為に突き進む条件を作る法案です。実質的な憲法9条改憲です。民商では、「戦争する国づくり反対」「戦争立法許すな」の運動を多くの市民と共に急速に強めます。

戦争立法反対の署名を集めましょう

6月13日(土曜)1時半から、円山公園野外音楽堂にて戦争立法反対の大集会が予定されています。ぜひ誘い合わせ参加しましょう。

一人で悩まず民商へ、仲間を増やしましょう

5月31日は、京商連(京都の民商の連合会)が60周年記念の総会を迎えます。5月25日から、総会までを仲間増やし特別期間として、会員、読者、共済会員、婦人部員、青年部員の拡大に毎日取組みます。ぜひ、知人友人の紹介運動や拡大運動を進めましょう。