フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年4月27日号]

上京民商ニュース 2015年4月27日号

京都プレミアム商品券取り扱い発表

徳島での販売の混乱がニュースとなっている「プレミアアム商品券」景気回復に役立つのかと疑問もありますが、具体化が進んでいます。

京都市は、地域の消費喚起や子育て支援の一環として、1万円で購入すると市内で1万2千円分の買い物やサービスに使えるプレミアム付き商品券を7月上旬に発行する予定です。商品券は1冊あたり千円券12枚つづりで、利用可能な店舗で支払いに使えます。市は商品の購入だけでなく、飲食店や理容・美容業などサービス業で利用できるそうです。

22日発表の市のお知らせでは、「購入希望者から、事前に購入冊数と購入場所を記した申し込み(はがき・ウェブサイト)受付、申し込み多数の場合は抽選をして「購入引換券」を郵送するということです。

5月1日からは商品券販売所、商品券で買い物や飲食、サービスを受けることのできる店舗・取扱店を募集するとしています。詳細がわかり次第お知らせします。

プレミアム付き商品券は国が緊急経済対策の一環として財源を用意し、全国の自治体に取り組みを促している仕組みで、市は約40万冊(約48億円分)を発行予定です。

参考:京都市:京都市プレミアム商品・サービス券の発行の概要について

京都新聞(2015年2月12日):京都市のプレミアム商品券、子育て世代さらにお得 7月発行

増税中止運動「がんばって」の声

千本今出川で消費税増税中止を訴え4月21日消費税廃止上京連絡会は、毎月恒例の消費税増税中止を求める宣伝を千本今出川で行いました。上京民商をはじめ京建労、光正企業組合、北上地区労から代表が参加、5人がそれぞれ交差点に立ち、増税中止を求める上京区民1000人アピールビラを配布、宣伝カーからは、上京民商村上事務局長が「大企業に減税、庶民に増税の消費税増税路線にストップを」と訴えました。

市民から「がんばって」と掛け声をも掛けられ、8%増税での1年間を通じて、痛みを感じている市民の声が寄せられました。連絡会では、5月には18日(月)午後4時半から出町枡形商店街での宣伝行動を予定しています。

みんなが集まりにぎやかな民商へ

ベネチアングラスの講習会のようす民商事務所に集まって、ベネチアングラスの講習会や和裁教室にと、事務所2階の和室活用が広がっています。

出水支部会員の田邉さんの依頼が始まりです。田邉さんが関わる、先の2つのグループの催し会場に民商事務所2階を貸してもらえないかという依頼でした。会員が中心となって集まる場としての活用は歓迎と利用していただきました。

ちなみに今年から上京民商事務所が所属する町内会の役員会にもご利用いただきました。今後も、会員さんの要望に応えた事務所活用を広げていきます。

京都市空き家対策補助事業

会員さんの相談から、今、京都市では空き家対策として、補助事業が行われていることがわかりましたのでご紹介します。

活用・流通促進タイプ

1年以上居住者又は利用者がなく,賃貸用又は売却用でない空き家を、活用又は流通させようとする場合,改修工事や家財の撤去にかかる費用の一部を補助します。

特定目的活用支援タイプ

現に居住者又は利用者がいない空き家を、まちづくり活動拠点等(地域の居場所づくり、留学生の住まい等)として活用する場合、改修工事や家財の撤去にかかる費用の一部を補助します。

補助対象となる改修工事にかかる費用の2分の1
上限額は30万円(京町家等の場合は60万円
家財の撤去に係る費用は、申請額を補助額とし、上限5万円(ただし、家財の撤去額も含め上限30万円又は60万円を上限とする。)

参考:「京都市空き家活用・流通支援等補助金」の受付及び「京都市地域連携型空き家流通促進事業」取組団体の募集開始について(平成27年度分)

京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業、最大50万円も始まっています。ご相談は上京民商へ

参考:【平成27年度】京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業

相続の相談が増えています

今年から相続税の基礎控除額が引き下げられました。それに伴って、不安が広がっているようです。「相続時の争いをできるだけ避けたい」「生前贈与しておくほうがいいか?」などの相談があちこちから持ち込まれています。

基礎控除の引き下げで、子ども2人と妻が相続人となる場合、4,800万円までの遺産は税金がかかりません。しかも、宅地は居住用や貸付をしている場合は5割から8割を減額するという「小規模宅地の減額評価」の制度もあります。相続時精算課税という制度で課税を抑えて生前贈与も可能ですが、不動産登記の際の登録免許税が相続時より5倍かかるということもあります。じっくり考えての準備が必要です。遺言書の見本も民商にありますので、ご相談ください。

「さこ・くらた」当選お祝い会

迫府会議員、くらた市会議員の当選をお祝いする会府議会、市議会で、いつもお付き合いのある迫府会議員、くらた市会議員の当選をお祝いする会が上京民商の日本共産党後援会主催で開かれ19人が参加しました。 ケーキの差し入れ

参加の皆さんからも差し入れの飲み物、食べもの、当選おめでとうと記されたケーキの差し入れがあり、喜び爆発の会となりました。住民の願い実現の京都府・市の政治が進むように2人の新議員への期待が、こもごも語られました。