フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年4月20日号]

上京民商ニュース 2015年4月20日号

絵手紙に夢中 最高齢会員谷口さん

最新の絵手紙作品会員最年長の谷口ツヤさん(ガレージ賃貸業・仁和支部)はおん年90歳、医者が「出歩くのを控えて」というほどの元気さですが、いろいろなことに好奇心旺盛で、チャレンジすることも元気の秘訣のようです。最近は病院の友の会の「絵手紙教室」にも参加しています。最新の絵手紙をご紹介します。

区役所スペース貸し出し中

上京区役所が今年より新庁舎になりました。区民交流スペースとして@1階区民交流ロビー(作品展示スペースとして利用)A会議室定員60人、和室定員30人が利用できます。利用料は無料です。申し込みは2ヶ月前の1日から申し込みができます。

共同のビラで成果、喜ばれた仕事

仁和支部越智さんと出水支部大藪さんがいっしょのチラシで「リサイクルと着物レンタル」を市内各所のマンションなどに宣伝をした取り組みで成果があがりました。3月、京大を卒業する女性から「自分の着物があるが、着付けをしてほしい」と依頼が飛び込みました。越智さんは、着付けをすると共に、ヘアーメイクや化粧、小物も貸し出して、家族のようなサービスをしました。ご本人に大変喜んでもらい、広島の彼女の実家の母親からお礼の電話もありました。まちを支える中小業者らしいうれしいお話です。

共産党躍進、消費税増税中止の期待

日本共産党さこさん、くらたさんが当選、上京民商業者後援会が声明を発表しましたので紹介します。

「12日投票の一斉地方選挙、日本共産党は安倍暴走政治ストップと自共対決を掲げ大奮闘。全国の全都道府県で県議席を獲得、政令市議会の選挙でも大きく議席を伸ばしました。

上京区では、さこ府議は818票のばし8,844票を獲得、得票率35.3%に到達、自民との得票差を大きく縮めました。くらた市議も6,995票27.5%と得票率を伸ばしました。この結果は中小業者の要求実現、とりわけ消費税増税中止の運動の大きな力を得ました。引き続き「西陣・中小業者の営業を応援する府政・市政を」などの要求実現に向けて力をあわせて頑張りましょう。

増税不況、負けてたまるか

増税不況で、廃業が増えています。上京民商でも廃業される業者がありました。アベノミクスの結果、株価は「官製株価」といわれるほど、日銀や年金資金の投入で株高が作られていますが、まちの中小業者は、売り上げ減少や経費増に苦しんでいます。

8%での消費税初申告、納税は、前年に比べて1.5倍になっている人が多いのです。売り上げが同じでも納税額が1.5倍では、払えない人が増えていきます。民商では、納税緩和措置の制度を活用し、納税者の権利を主張して、税務署などの横暴な取立てと抗して成果をあげています。

ちなみに、4月は固定資産税1期目、5月は自動車税、6月は国保料年度保険料の通知と1回目の支払い、市民税の納税と税金の支払いが続きます。

3月末に廃業退会した法人の本屋さんも、最後の決算は民商さんでと4月再入会となりました。ひとりで悩まず民商への声を広げていきましょう。

共済会へ喜びの声

先日は入院お見舞金をいただきまして、ありがとうございました。大事にならず早期に見つかって本当にうれしく思っています。ありがとうございました。
 正親支部 Tさん

第10回上京社会保障推進協議会総会

定期の総会を行います。前半、介護保険の学習を行います。どなたでも参加できます。

とき:4月23日(木)午後6時30分より
ところ:上京診療所3階会議室
学習会「私たちの暮らしはどう変わる? 介護保険制度の改悪の全容」
講師:桜庭葉子(京都ヘルパー連絡会事務局長)