フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年3月23日号]

上京民商ニュース 2015年3月23日号

増税不況は我慢できん!重税反対行動

「消費税増税はがまんできない痛み」「増税不況で苦しむ中小業者から税金取るな」怒りいっぱいの納税者、中小業者や建築職人、年金生活者などが、重税反対決起集会の会場いっぱいに集まりました。

3.13重税反対決起集会物言う納税者が、納税者の権利守る力と報告され、「収支内訳書も従来どおりの扱い、みんなで行けば、収支内訳書添付なくとも丁重に受け取ると税務署も約束している」など集団申告の力が訴えられました。

集会後、税務署に向かったパレードには途中駆けつけた人々も含めてふくれあがり、消費税増税中止、原発撤退を口々に声高く訴え、道行く市民からも声援を受けるパレードとなりました。

上京区内の諸団体・市民共同の集会として成功

集会では北上地区労働組合協議会の吉田議長の挨拶、上京料飲組合の松田事務長が「がんばろう」の発声、迫府会議員が来賓として挨拶いただきました。また越智副会長、京建労の九里さん、生活と健康守る会の猪田さんのお三方が議長。芦原会長が主催者挨拶などで運営しました。北上年金者組合が集会デモに参加し、税務署に請願を行いました。

無料大腸がん検診締め切り3月末

民商の無料大腸がん検診の検査締め切りは3月末です。検体をすでにお持ちの方は、急いでご家庭で、検査キットで便を取り、お渡ししている封筒で送ってください。

仲間増やし運動継続中、求む紹介

「消費税申告がややこしい」「税理士にかかっているが税務調査があり、心配です」、さまざまな相談事が持ち込まれています。仲間増やし集中期間は3月末まで。

一人で悩まず民商へと声を広げていきましょう。

洛中マルシェ、職人の技・実感、体験

手づくり職人さんたちのべ17店舗が出店した「洛中マルシェ」が3月14日、15日の土日、西陣織会館にて開催され、約500人の参加でにぎわいました。洛中マルシェ(2015年3月14、15日)

職人と語り合い・体験できる貴重なイベント

陶芸家の指導で「ろくろ体験」、友禅作家さんとの「染め体験、書道家といっしよに「楽しむ書」伝統工芸師の指導による「手機体験」や教室を持つ先生の「ブリザードフラワーづくり」と「見るだけでなく、手に触れ、参加体験できる」お店が会場各所にありました。

手仕事の魅力をさまざま発信する機会に

地元の小中学校や幼稚園に案内が配られたことから、小さな子どもさんとお母さんがたくさんこられ土いじりや機織り体験に大はしゃぎの場面や、ドイツやアメリカなど外国からのお客さん、手づくり品を買い求める女性などで始終にぎわう2日間でした。今回から、織物職人さんによる西陣織会館館内ツアーや「西陣のまちと手仕事の魅力」と題した講演会なども行い、手仕事の魅力をさまざま発信する機会となりました。

会場内で使用できる金券、100円から2000円までをスピードくじで当ててもらいました。あたり券が出るたびに鐘を鳴らして、出店者も拍手で歓迎、抽選券つきのチラシが大好評でした。

地元に根付く!夢がふくらむ「洛中マルシェ」

主催した「西陣・町ミュージアム構想検討委員会」は上京民商の会員や事務局長も関わる団体です。今回も上京民商がイベントの事務局団体を引き受け、府の補助金獲得から、「マルシェ」の準備や出店者への連絡の実務など成功を支えました。西陣のまちの賑わいを取り戻す運動、中小業者が主人公のまちづくりの運動として、さらに夢がふくらみます。

こんな工夫で商売繁盛

空き家、耐震対策補助金で仕事確保

建築業のAさんは、最近始まった空き家対策の補助金、家屋の耐震補修の補助金を知らせて、リフォームの仕事を次々と取っているそうです。

自前ビラ、手まきで受注増

リサイクル業の会員さんは、市内の集合住宅に6万枚のビラを、自分の手で配って回り、この春、毎日リサイクルの家具などの引き取りや引越しの依頼があるそうです。

工夫で大きな成果

こうした自助努力は、小さな事業者だから、ちょっとした工夫や挑戦が、結果を出していくことを示しています。読者の皆さん、私はこんな工夫をしているよと「あなたの工夫、営業努力」を教えてください。みんなで学びあい前進しましょう。

ベネチアングラスづくり教室

出水支部会員の田邉さんが友人と「ベネチアングラスづくり」教室を行います。関心のある方は、ぜひご参加ください。

とき:3月30日(月)午後1時〜4時
ところ:上京民商事務所2階
見学は無料です。作る場合は材料費必要