フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2015年3月9日号]

上京民商ニュース 2015年3月9日号

13日一緒に出して納税者の権利貫こう

3月13日、民商が行う、集団申告は、納税者の権利を守る共同行動です。団結した力で、税務署の不当な干渉をはねのけられます。

収支内訳書提出は納税者それぞれが決めること

最近、西陣織会館で行われている、税務署の申告相談窓口に確定申告書を持っていた人が「収支内訳書を必ずつけるように」と署員?らしい人、2人がかりで「言われた」と相談がありました。「去年から法律が変わり・・・?」といわれたというのです。これは、不当な納税者の権利への干渉です。

税務署も認めた、収支内訳書法律規定は変更なし

昨年から「記帳の義務」が始まったのですが、収支内訳書の法的規定は変更なし。提出しなくても罰則はありません。つまり、提出が「義務付け」られてはいるが、その「義務」とは、罰則のない「努力義務」(法律用語では・訓示規定という)の程度です。

上京税務署は、2月13日に行った「3、13重税反対実行委員会」の申し入れへの回答で、収支内訳書がついてなくても申告書は有効、丁重に受け取ると回答しています。集団申告では、この回答をきちんと守らせることのできる力を持っています。ぜひ、3、13重税反対統一行動に参加して納税者の権利を貫きましょう。

みんなでいっしょに、確定申告書出しましょう

3月13日、税務署は申告書の控えに受け取り印を押す予定です。受領印が必要な方は、税務署庁舎壁側に、4組の申告書受け取り場所が作られます。受領印の必要でない方は、庁舎前北側自転車置き場に受け取り場所が作られます。

「納税証明」が必要な方はお知らせください

その日に「納税証明」が、必要な方は、当日事務局員にお知らせください。担当税務署員につなぎ庁舎内にて「納税証明書」を発行します。

当日は混雑が予想されます。税金納税は、銀行などで行いましょう。

洛中マルシェが始まります

洛中マルシェ 3月14日(土)?15日(日)仁和支部の石井さん(金襴販売・蓮祥)や、京都の民商会員、会外業者17組が出店、手仕事体験も行う「洛中マルシェ」への期待が広がっています。

日時:3月14日(土)?15日(日)
場所:西陣織会館三階(京都市上京区堀川通今出川南入ル竪門前町414)
洛中マルシェ(京都 手仕事フォーラム)

本日みなさんへ2度目のお届けとなる「洛中マルシェ」ビラが、上京区内のいくつかの幼稚園、小学校、中学校で、全校生徒さんに配られることになりました。

これは、このイベントで出店、体験コーナーともに行う陶芸家が、「子どもたちに、手仕事を体験してほしい」「子どものころの体験が、手仕事の後継者をつくる」という熱い思いで、昨年来、学校などへ働きかけてきたことが、教員のみなさんへも伝わったようです。

洛中マルシェは、京都市の後援もいただきました。

ネット検索でも数多くのヒットがあります。民商会員、読者皆さん、ぜひお越しください。

増税中止ビラ賛同850人突破

上京民商も参加する消費税廃止上京連絡会が呼びかけた「消費税増税中止求める1000人アピールビラ」の賛同者が850人を超えました。上京民商も会員の3割を超えて80人を超えました。税金相談の集まりでは、全商連のアンケート調査を書きあい、昨年4月以降の増税不況がどこでも話題に。「売り上げはちょっと増えたけど、税金申告で計算してみると利益は減っている。円安原料高が響いてるな」小売業「売り上げも利益も減っている」サービス業・製造業など声が出てきます。「2年後の消費税増税10%なんて考えられん。中止にできるならするよ」と次々と「増税中止アピール」への賛同が広がりました。

3月24日は区内5ヶ所で宣伝

あきらめずに、こんなに多くの人が消費税増税中止を思っていると「可視化」するビラができます。3月24日は、出町枡形商店街、堀川今出川上ル、堀川下立売、メッサキタノ前、ホテイ市場の区内5ヶ所で、午後5時15分から30分間このビラを使って、区民に消費税増税中止を呼びかける予定です。