フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2014年11月24日号]

上京民商ニュース 2014年11月24日号

「消費税の転嫁拒否等に関する調査」?

「消費税の転嫁拒否等に関する調査」という見出しの手紙が税務署から届いた会員さん、中小業者のみなさんに届いています。

「税務署から気色悪いな」「なんで、こんなんくるんや」と問い合わせが事務所にありました。

これは、中小企業庁が行っている調査票を個人事業者のデーターを持っている税務署が代行しているものです。

税務署は年売り上げ100万円程度の零細業者にも機械的に調査票を送りつけています。回答するかどうかは、それぞれの判断で行えばいいものです。

消費税を転嫁できてるけど、その分本体価格で値引きを言われるんや」という人もいます。転嫁対策ではなく増税中止断念こそ、中小業者の利益にあうものです。

消費税増税延期でなく断念を実現を!

消費税8%増税家計を直撃、日本経済が大きく落ち込み、景気後退局面に入ったかという観測さえも出ています。アベノミクスは失敗だということがはっきりしてきました。

消費税増税は延期でなく断念に追い込みましょう

消費税連絡会宣伝に共感の市民

上京民商も参加する消費税廃止上京連絡会は、17日、夕方堀川商店街で「国民世論が消費税10%増税実施を延期に追い込んだ」「延期でなく増税中止断念に追い込もう」と宣伝署名活動を行いました。

5団体から8人が参加、日も沈み、商店街のアーケードの下を行き交う市民に訴えました。「消費税増税これは絶対反対」と話しながらシール投票をする人、増税中止請願署名に筆を走らせる人などの反応がありました。

署名がんばりさん広がる、集まった署名国会へ

仁和支部の松田さんは「消費税増税は誰でも困ってる、署名が中止の力」と勤め先や近所の知り合い、友人などに署名を預け集めています。16日現在58筆の署名を集めました。こうした経験は広がり、商工新聞を班への卸をしている水野さんも、署名を会員に預けています。

延期でなく断念をの声を広げていきましょう。民商では、これまで寄せられた消費税増税中止署名443筆分、憲法守れ署名52筆を全商連に送付しました。ご協力ありがとうございました。

相談に乗ります、仲間が増える

税務署が、経営悪化でやむなく払えない税金の滞納に対して、突然、差押予告を乱発する自体が京都府内で広がっています。民商では、「人助けの一声かけ」「商工新聞は知恵と勇気がわき、民商のネットワークにつながる宝」と仲間を増やす活動を進めています。

16日は、全京都民商仲間増やし統一行動デーでした。16日に向かって、水野さん、今村さんも、翔鸞学区の手機教室主宰者をたずねて入会を勧めたり、越智さん、小野さんもご近所で商工新聞読者仲間を増やしました。

16日当日には上京民商の役員さんは、船岡公園でのまつりにも参加しつつ、仲間を増やそうとがんばりました。水野さんが知人3人に進め商工新聞購読の約束を散りつけるなど上京民商では18日現在5人の新読者を迎えています。また入会対象者も生まれています。会員の皆さん、困っていない業者はいません、ぜひ仲間になろうとお声かけ、ご紹介をお待ちしています。

洛中マルシェ 来年3月14日・15日開催

来年3月に予定する、手仕事を行う方々の作品展を行います。今回のイベント名は「洛中マルシェ」と名づけ売り出すことにいたしました。出店者募集中です。ぜひご参加ください。

訂正
前号で29日の中央集会参加者名を誤って尾のさんと記載しました、正しくは小野副会長の参加です。訂正してお詫びいたします。