フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2014年7月14日号]

上京民商ニュース 2014年7月14日号

婦人部員の「元気市」500人が!

6月22日、京商連婦人部協議会は、婦人部員を中心に「元気市」と銘打って、四条烏丸にて一日マーケットを行いました。

上京民商からは、出水支部田邊さんや桃園西陣支部橋本さんが自慢の作品を出品。橋本さんは、仕事着のユニフォームを販売していますが、この日は、「介護用のパジャマ」を出品、パジャマの上着、パンツともに横にファスナーの着いている商品で着替えや、そのほかの介護の際にも世話がしやすく便利にできています。今後、要介護者が増える中で注目の商品でした。

田邊さんは、友人と一緒に、ブリザードフラワーなどを出品しました。

元気市には、牛乳などの食品も出品され、500人の来場者で終日にぎわいました。

行ってきました、京商連共済会総会

7月6日、京商連共済会総会が行われ、上京民商から越智共済部長、仁和支部松田さん、室町支部小野さん、村上事務局長の4人が参加しました。総会は民商らしい共済会、助け合いの共済会を作っていこうと活発な話し合いが行われました。

越智部長は、上京民商での共済活動として、病気や高齢でも無条件に加入できる民商共済会が喜ばれ加入者が広がっている経験を代表発言されました。

税金も看板も相談できる民商へ

「税理士が高い」「父から事業を引き継ぐ、いろいろ相談できる民商しかない」「薬局を開業する」「開業した、記帳を勉強したい」「医療コンサルタントを開業したい、相談にのってほしい」京都の府下各地の民商に相談が持ち込まれ会員が増えています。上京民商にも、「母がやってきた事業を引き継ぐことになった、税金対策の相談を」と出水支部で新しい仲間が増えました。

税務署は、税金調査をあちこちで始め、その相談も民商に寄せられています。京都市は「屋外広告物の規制」を強めてきています。民商では、屋外広告物の強引な進め方に抗議し、話し合い中小業者が納得する解決を京都市に求めています。相談は民商へのビラも作成しました。相談ひとりで悩まず民商への呼びかけを広げましょう。看板民商ビラをみんなで中小業者に届けましょう。

高すぎる国保料減免申請を

京都市国保会計は、6年連続の黒字となる見込みです。6年間の黒字合計は約109億円、この黒字の背景には、高すぎる国保料を「赤字がある」といって、下げずに、高額の保険料を集めてきたことと、高すぎて払えない人からも、差押や保険証の取上げで保険料を絞り上げてきたことがあります。

消費税増税で、物が売れず、仕事も減って、困っている、こんな時、保険料を引き下げ、減免制度を徹底して適用すべきです。

国保課への申し入れと懇談、減免申請に参加しましょう。

助け合い・ありがとうのハガキ

共済会給付を受け取られた方々から、おはがきを戴いています。

●介護に使うお金を給付していただきまして、たいへんたいへんたすかりました。ありがとうございます。
仁和支部 Mさん

●安静加療お見舞金いただきまして誠に有難うございました。加齢と共に思わぬ病に成ったりします。健康第一だと思いました。
桃園西陣支部 Nさん

●いつもお世話になっていますこと厚くお礼申し上げます。この度は弔慰金をいただきましてまことに有難うございます。毎日沈んだ気持ちでおりました際、何か慰められた思いです。また、会の方からも御仏前をいただきまして合わせてお礼申し上げます。今後ともよろしくお願いします。
嘉楽支部 Iさん

●3月23日入院見舞金を持って来て頂き有難う御座居ました。大変助かります。厚くお礼申し上げます。
室町支部 Iさん