フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2014年6月16日号

京商連総会、「拡大」上京3支部表彰

6月8日、京商連総会が開かれ、芦原会長、小野、越智両副会長、出水の井上理事、河野、村上の事務局と、婦人部から水野さんが出席しました。

総会代表発言で、消費税増税中止運動をテーマに村上事務局長、共済活動で越智共済部長、婦人部活動で水野京婦協会長と期せずして上京民商から3人が発言報告をしました。総会向けての仲間増やし運動で、室町支部、待賢支部、仁和支部が、「京商連表彰目標」を突破して、支部表彰を受け、顕彰の「金一封」をいただきました。総会後も、仁和支部会員さんが拡大呼びかけに応えて、商工新聞を増やしてくれるなど、仲間増やしの運動が広がっています。

看板規制、仲間が立会い、説明受ける

京都市屋外広告物条例での看板規制での相談が相次いでいます。

6月10日、正親支部木村さんの看板のことで、京都市の担当者を店に来てもらい、事務局も立会い看板是正、届出の説明を受けました。

2階の窓の両側にある雨戸の戸袋風の場所に、看板が設置されていました。以前は電飾で夜に光るようなものであったとか。京都市は電飾看板かどうかを確認していました。今は電飾ではないことを説明しました。市は看板の届出と登録費用3年間で5000円余りとのことでした。1階店舗前のウインドウに張られた7、8枚の写真を整理して、2平米以下に面積をしてもらえれば届出が要らないということも知らされました。

木村さんからは、商店街で、それぞれの店がどうしたらいいか、困っている話も紹介され、市職員に警告のような強い文言は市民の反発を招く、丁寧で親切な対応を求めました。

お金が無く看板撤去もままならない中小業者がいるという質問には50万円までの融資(保証協会の保証必要)があることが市職員から紹介されました。

上京民商には、引きつづき看板規制での相談が続いています。中小業者との合意に基づく「看板の是正」強引なやり方はしないことを求めて、引きつづき民商仲間の立会いの中、個々の現場での京都市と話し合い対応を行う予定です。ご相談は上京民商へ。

共済部会開く

6月9日、共済部会が開催され、越智部長、室町伊吹さん、村上事務局長の3人で共済活動のこと、会員さんの中で、ガンや糖尿病などの入院や治療が広がっていること、健康診断が大切なことなどが話し合われました。

全民商会員さんに加入を呼びかけること、秋に健康診断を行うこと。9月21日に、第2回目のグランドゴルフ大会を行うことを決めました。

告知板

●介護用ライフリー薄型軽快パンツL寸、20枚入4袋・・2セットあります。無料で譲ります。
連絡先:待賢支部間野さん841-9992

●2口ガスコンロ2台あります。譲ります、無料。
連絡先:上京民商事務所まで