フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2014年5月26日号]

上京民商ニュース 2014年5月26日号

国保京都市黒字になっても値下げせず

今年も国保料の通知が6月半ばに送られます。高すぎる国保料は、市内の23万世帯36万5千人が加入していますが、そのうち4万6千世帯が保険料を滞納しています。現市長の下で国保料滞納での差し押さえも急増しています。

昨年度の国保の決算によると単年度15億円も黒字を出しています。なんと平成20年から連続して黒字を出し続け、昨年度の黒字で累積の赤字も解消したそうです。黒字に転換してもなおかつ、今年26年度の保険料は、据え置きと引き下げることをしませんでした。

払えない世帯が2割にものぼる国保、保険料引き下げは、市民皆の願いです。上京民商では、今年も、国保料の減免申請を行います。また国保行政の改善を求めて国保課との懇談を行う予定です。

上京民商も参加する上京社会保障推進協議会では6月26日(木)午後1時〜4時まで上京診療所にて「くらしなんでも相談会」を行う予定です。ご相談は、まず民商にご連絡下さい。

春の運動、知事選お疲れさん班会

仁和支部のCブロックでは、確定申告と選挙のご苦労さん班会を班長の山内さん宅にて開きました。今回は、つまみを持ち寄り、ビールは班長の差し入れでの班会でした。

班員のそれぞれが一品持ち寄り。松田さんのやわらかくおいしい唐揚げ、ビーフン炒め、膾(なます)、谷口さんは切干大根、煮豆、枝豆、山内さんはだし巻き、筑前煮や、安田さんは焼き豚、ハムの差し入れと、テーブルの上にはご馳走がならびました。

「知事選挙は残念やった」「消費税の10%増税はぜったいストップせんとあかん」「来春の府議会、市議会選挙では増税反対の議員を増やしたい」と話し合いました。くらた市会議員、さこ府会議員にも参加いただき、またがんばろうと意気あがる班会となりました。

市は看板修正、強引にするな

京都市は「屋外広告物の適正化」の名の下に、広告物のあるお店に「届出」と市の基準に基づく看板等の変更を求めてきています。

上京民商の会員さんや会外からも相談が持ち込まれています。

先日も、どうしてよいか分からず、市からの連絡を放置していた飲食業者に「是正勧告書」というおどかしのような文書がとどき、勧告に従わなければ「処分」をと、強引な言葉に、「どうしたらいいか?」と民商に相談がありました。まずほっとかずに、一度市の意向を聞いてみよう、しかし、強引に進めるようなことではない、民商も市に「中小業者との合意の上すすめること」を求めようと話しあっています。看板のことでお困りは上京民商にご相談下さい。

人生の最後?ご一緒に考えましょう

5月29日(木)午後7時より茶房五百番で行われる「相続とお墓や葬儀」の学習会の準備が進んでいます。今回は、エンディングノートに関心のある人の実践版、出水支部の会員、遺品整理士の資格をもつ大藪さんも参加します。お墓や戒名も江戸時代に起源を持つとか、最近の葬儀事情などもみんなで話し合いましょう。