フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2014年1月20日号]

上京民商ニュース 2014年1月20日号

民商で「自主記帳、自主計算」を

「今年から、確定申告書といっしょに売り上げの明細をつけんならんようになったんか?」「いえいえ、そんなことは決まってません」「帳面いうて、むつかしいもんつけられへんし、この際、廃業しようかとも思ってるんや」「心配ご無用、いままでどおり、つけてる資料残しとけばいんですよ」こんなやり取りがありました。記帳義務化というが、どんなんかな?納税者の権利はいままでどおり、生きていますのでご紹介します。

自主計算・自主申告の納税者の権利は変わらず

記帳は「義務化」されましたが、納税者を主人公とする自主計算・自主申告の納税者の権利は変わりありません。

申告納税制度という今の税の仕組みは、「国民が主権者」であることを税法で認めたもので、「自己決定権」という法律上の考え方です。このことになんら変更はありません。

記帳義務化は単なる訓示規定、罰則はありません

税法の改悪で「記帳の義務化」が全納税者にも求められることとなりましたが、罰則のない「訓示規定」(それに反しても申告内容に影響がない)というものです。

記帳はそれぞれのやり方が認められる

国民が主人公の納税申告制度の下、訓示規定の記帳義務化は「個々の納税者の実態に即した記帳を尊重しなければなりません。納税者が行った領収書の整理や、カレンダーに記載した売り上げメモ、もちろん、それぞれの方法での支払いメモなどもりっぱな記帳です。

収支内訳書の提出しなくても罰則はありません

収支内訳書にどう応えるかは、納税者本人が決めることです。今年も昨年同様、収支内訳書は罰則のない訓示規定にかわりはなく、提出しなくても確定申告書は有効です。

確定申告準備の集まりで話し合いましょう

どんな記帳が、商売にも役立つか、民商では、シート式簡易帳簿という民商開発の帳簿も紹介しています。希望者での学習会も対応できます。班支部の集まりで、税法の変更点の学習や今後の記帳の方法など話し合いましょう。

室町支部新年会、民商活動計画も決める

1月12日(日)室町支部は、恒例の新年会を民商会員の店で行い9人が参加しました。新年会の前には、1月の民商活動について話し合い、22日に集まって、商工新聞号外と民商ビラを配布することを決めました。その後、お任せコースの料理をおいしく頂いて楽しく交流しました。新年会には、迫府会議員、くらた市会議員もあいさつにこられました。

お知らせ

東海ダイレクトジャガード900のユニットが不要になりました。必要な方がおられたら譲ります。
ご連絡は上京民商まで

新年初の民商の宣伝、初入会者も

1月11日、三役会の申し合わせで、民商ポスター張り出し行動を行いました。芦原会長と事務局員2人の3人が宣伝カーにのり、民商のお誘いの声を流しながら、上京区内を回りました。あちこちの会員さん宅に、民商のポスターを張らしてもらいました。その後、元会員さんが「やっぱり税金申告の相談に民商さんにのってほしい」と入会するということもありました。

三役会 1月活動相談しました

上京民商では、9日に開いた三役会議で、

@1月会員5人、商工新聞読者を10人増やすこと
A支部役員会を開ききって、2月の春の運動、知事選、確定申告準備の活動計画をたてること。
B商工新聞号外4000枚を民商ビラといっしょに配布しきること。ビラ1枚につき1円50銭の活動補助を支部に支給すること。
C1月26日【日】午後1時〜3時を上京民商拡大行動集中タイムとし、集まれる会員さんには上京民商事務所1時集合を呼びかけること

を決めました。