フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2013年6月17日号]

上京民商ニュース 2013年6月17日号

目配り、気くばり、心配りの共済会活動

今年、支部の共済係を引き受け、会員さんへの世話役活動をする仁和支部松田さんは、共済給付を届ける活動、給付申請を受け付ける活動を通じて病気やけがで不安になっている会員や家族に心を寄せ、仲間として思いやる活動を行っています。

温かい気持ちが通う、民商共済活動

夫が病気入院したUさんへ共済給付申請書を届ける際には、病状を聞いたり、励ましたり。一人暮らしの会員がけがで動けなくなっている時には買い物のお手伝いをしたりとちょっとしたお手伝いに温かい気持ちが通います。両親とも入院で、入院給付のあったMさんには、息子さんが仕事から帰ってくることを確かめて給付を届け喜ばれています。

会員でよかった、助け合いの形が共済活動

上京民商では、支部や班に係りの皆さん、民商役員さんの手を通じて申請と給付をお渡しする活動を強めています。

会員同士が、助け合う形が、民商共済会です。民間の保険のように、掛金払い込みも、給付も振込と違って、人の手を通して、助け合う民商共済会はすばらしい仕組みです。民商会員さん、家族、従業員の皆さんは加入できます。加入しないと「損」ですよ。

共済会へ「喜びの声」届く

●このたび長寿祝金頂きありがとうございました。共済会には発足以来入らせて頂いてますが、15年前には胃ガンで入院手術と民商のお仲間に心配かけましたが、お蔭様で元気で長寿祝を頂く事を知り本当にうれしくありがとうございました。大切に使わせていただきます。
  仁和支部 Kさん

●お世話になりました。大変役に立ちました。給付を受ける様な病気をしない様にしたいと思います。ありがとうございました。  仁和支部 Yさん

●夫婦にて個人営業をしている会員の一人です。この度妻が2月に入院手術3月に退院致しました。現在もリハビリ中で頑張っています。何かと出費が嵩み困っていました矢先にお見舞金を頂き有難う御座いましたお礼申し上げます。今後も助け合い共済制度も存続できますように運動に協力するつもりです。
滋野支部 Sさん

●長寿お祝金を頂き、ありがとうございます。お蔭様でこれまで大した病気もなく元気に暮らして参りました。これからも尚一層頑張りたいと思います。ありがとうございました。
仁和支部 Kさん

国保、市半年がかり、申請者には2週間の期限

病気治療中なのに、国保証を取り上げ、資格証明書となったNさんの国保審査会への不服申し立て、京都市の答弁書がやっと届いた。昨年12月18日に提起したもの。市の答弁書、約半年かかっている。なのに、申請者のNさんには6月19日までに反論書をだすようにと連絡文書にある。京都府国保審査会は、京都市にも「期限を切って」答弁書を求めるべきだが、都合が悪いのだろうか?

ところで、京都市は「資格証明書交付に当たっての手続きとして弁明書の提出を求めたが、提出がなかったので、国保証取り上げに違法性はない」と言う論である。病気の治療中であったので、「特別事情」でその後も短期の国保証を交付させてきたが、窓口で病気であるというNさんの特別事情を聞かなかった?市の行政対応は、お咎めなしか? 行政権限の執行にあたって、内容に踏み込んだ審査はできないのか?疑問は反論書で提出の予定だが・・。しかし、お役所ですなあ?市の書類は読んで、出すべきものは出しておかないと、書類を読まないものが悪いと、逃げられますね、京都市には・・・

消費税増税中止署名は、今、役に立つ

先日消費税増税中止署名23万人分が国会に請願提出されました。私たちが集めた署名も出されています。

今、世間では、株高・円安というけれど「わが暮らし苦しくなるばかり」と嘆きが広がる情勢です。

アホノミクス、最悪、大企業のみ、いいのではないか

民商では、円安による緊急影響調査アンケートを集めていますが、「最悪、大企業のみ、いいのではないか」(飲食店)、材料が2割から3割アップ、上昇分は価格にまったく転嫁できず、安倍政権発足後利益は5割減(クリーニング業)などなど苦しくなる営業の様子が報告されています。

マスコミも安倍景気に難関!

新聞各種にも「安倍景気に難関」「アベノミクス動揺」「アベノミクスが生み出した『株高、円安』に冷や水を浴びせたのはアベノミクスそのものが抱える負の側面だった」(毎日)週間ポスト6月14日号には「何のことはない。アベノミクスノ正体とは、選ばれし者だけが、富むという、小泉時代の格差社会の再来でしかない」と書き出しています。

こんなときに、消費税増税は、破滅的な影響を与えるという不安が広がり、国民の理性が働きつつあります。

署名は、国民一人一人の意見表明の手段

署名は、国民一人一人の意見表明の手段です。署名を通じて、消費税増税中止の対話が広がります。いま、消費税増税中止署名が、役立つ瞬間です。参議院選挙、来春4月から、8%にあげるどうか最終判断する秋に向かって、消費税増税中止署名を、「いま・集めましょう」

網の目平和行進のお知らせ

広島長崎の被爆から67年、福島原発事故から1年、核兵器も原発もゼロを訴えるパレードです。ぜひごいっしょに歩きましょう。

とき:6月29日(土)
パレード通過時間:船岡山公園(2時45分)→千本中立売(3時35分)→府庁東門(4時)→市役所5時到着

京都市夏季生活資金貸付事業

京都市では,生活にお困りの世帯に特別生活資金の貸付けを行います。

相談・申請:7月9日(火曜日)から7月12日(金曜日)
資金貸付:7月24日(水曜日)
1世帯15万円を限度・担保,保証人は不要、無利子
返済は2年以内
貸付に必要なもの:印鑑、健康保険証(世帯員全員分)など住所と家族構成を明らかにできるもの
ご希望の方は、上京民商に事務局にご連絡下さい。