フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2013年4月15日号]

上京民商ニュース 2013年4月15日号

保証協会・時効の債権もとりあえず通知かな?

「これどうしたらええ」小売業の男性がやってきた。保証協会からのハガキの通知。40年前に保証人になっていたという、当時28万円の残額が、40年ほどたち、14%の遅延損害金が膨らんで280万円ほどになっていると、保証人のおじさんに債権を通知してきたわけだ。お金の貸し借りの時効は10年で、「法的責任はないけれど、通知しとくよ」ということか。おじさんは、金がないし、自分の持ってる?もので代物弁済しようかと思っているというほど悩んでたんだから、・・民商があってよかったよね・・・。

税金、原処分全部取り消し、完全勝利

不動産を売ったときなどにかかる譲渡所得税申告で、「居住用資産の特例適用で税額なし」を否認され、200万円の税金を払えという上京税務署が行った更正処分に対して上京民商会員のAさんが行っていた異議申し立ての決定が届いた。

やった・・・!でした。原処分全部取り消しの決定、これで税金が全部取り消されたことになる。

税務署員が、「この決定は変わりませんよ。早く払ったほうが、延滞金が少なくて済みますよ」と豪語していた件である。この家に住んでいたことに間違いないの事実は強い。知らせを聞いて、決定書を見て、本人さんといっしょに万歳でした。

消費税など無理な取立てで相談・入会

消費税が払えない・・「憲法が優先するの言葉に、ほんまにこんな考えもあるんやと嬉しくおもいました」・・こういって加工業者が入会してくれました。

消費税は預り金だから年度内に払うのは当たり前・・こういわれて、家族の給料も払わずに、先付け小切手を切らされ、やっと、やっと落としてきたということでした。それでもそのひずみは経営のあちこちにきています。インターネットで民商の活動経験、納税緩和措置の闘いを見ての相談でした。

消費税は、中小業者にとって身銭を切らされて払わされる損税であることの被害がこんな形で現れています。民商では入会してくれた中小業者を励まし、事業の実態を整理し、憲法・法律に基づく納税緩和を要求する行動をはじめる予定です。民商に相談してよかったという状況をきり開こうと構えています。頑張る中小業者をつぶしていく消費税、増税は考えられない経済状態です。

いのち暮らし守ろうと北上大集会

4月6日、上京北区の諸団体が共同して、暮らし・平和・いのちを守る北上大集会が開かれました。

「憲法から考える現在の貧困」と題して尾藤弁護士が講演を行いました。ドイツなどでは、最低生活保障が、多くの人が受けられるように「失業給付U」という名前で給付されたり、イギリスでは、生活保護の申請は、郵便局などにハガキは置いてあり、それに申請者の名前住所を書くことで、行政職員が自宅に訪問してくれるというほどと紹介されました。日本では、食べられない年金制度の下で高齢者の生活保護が急増していることも数字を示して説明されました。

今進められようとしている生活保護の切り下げは、市民税の課税最低限をはじめ国や地方の公的制度56部門に影響が出るといわれ、社会保障切捨ての突破口にされようとしていることがよく分かりました。

講演後、各分野の報告者が次々と発言、上京民商から水野常任理事が「消費税増税は、中小業者の仕入れや経費増を招き、売値は上げられず商売を続けられない店がたくさんでる、うちの店でも3%のときの売値が、今、仕入れ値になっている」と消費税の悪税ぶりを告発しました。

集会後予定されていたデモは雨天の為、中止となりました。上京民商会員や料飲組合員7店の「集会に賛同いただいたデモ割引のお店」で使えるデモ割りチケットが参加者に配られ、雨の中、それぞれのお目当ての店に行くグループもありました。

新高校生をお持ちの皆さんへのいい情報

京都市高校進学・修学支援金支給事業が「6月30日申し込み締め切り」で受付中です。

対象は市民税が課税されていない世帯の高校生で、年額私立全日制で17万8千円、公立で6万3千円が支給されます。

母子・父子家庭などには、学用品購入助成金14万4千円も合わせて支給されます。

申し込みは区役所福祉事務所まで。

商工新聞簡単読みどころ

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

日時:4月16日(火曜)、4月22日(月曜)
  いずれも午後1時から午後3時まで