フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2013年1月7日号]

上京民商ニュース 2013年1月7日号

国民・中小業者の願い変わらず、引き続きがんばろう

消費税増税中止・景気回復・原発ゼロ求めて
自民圧勝より民主惨敗の印象

総選挙は、国民の期待を裏切り、公約をことごとく翻し「自民党化」した民主党が惨敗しました。京都商工会議所会頭の立石氏も「自民が圧勝より民主惨敗の印象」と語ったことが報じられています。

小選挙区では、自民党は43%の得票で79%の議席を占めました。一方民主党は22%の得票で9%の獲得議席、日本共産党は7,9%の得票で議席獲得はならず、(なおなお比例代表で8議席獲得)になっています。

今回の結果から小選挙区制が、民意を正しく反映せず、大量の死票を生み出す問題点、弊害を指摘する声も広がっています。

国政革新、ご支援ご尽力ありがとうございました

景気回復、消費税増税中止、原発ゼロの国民・中小業者の願いを実現してほしいと、国政の革新のためにご支援、ご尽力いただきました会員、読者のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

消費税増税中止、景気回復求めて力合わせましょう

さて、私たちが掲げた景気回復・消費税増税中止などの要求、願いは今後の、国会内外の運動に託されました。上京民商は、切実な会員、中小業者の願い実現のために、引きつづき、班支部での相談活動、国政や府・市などへの要請運動を行ってまいります。力あわせ、中小業者や市民が安心して暮らせる社会実現のためにがんばりましょう。

上京民商会長 芦原 靖彦

税務署、『売り上げ過小』と無理やり書かせ!

上京税務署が、不当な調査を行っていた事が、北民商への相談を通じて明らかになりました。

北民商ニュースによれば「突然税務署員3人が自宅に来て、『営業について詳しく聞きたい』と、パソコン記帳のデータや領収書など見て持ち帰り、数日後にはメニューや予約表などもコピーしていきました。」

「(税務署員に)『私は売上を過少申告をしていました…等、事実を認めます』と書いた(署員がもってきた)文書を見せられました。『これに今押印したら400万の税金が140万になる。それが嫌なら、7年遡って調査する』とおどかされ、文書と修正申告書に署名押印してしまいました。『頭が真っ白になり、税務署に言われたら、拒否できないと思っていました』と嘆くAさん・・」と相談に見えた業者さんの様子が紹介されています。

12月5日に行われた北上重税反対実行委員会による上京税務署への要請行動の際に、税務署総務課長は「聴き取り書などの作成、署名捺印、強要はしていない」と答え、国会で国税庁も「聴き取り書は法的根拠はない」と答えています。納税者の権利を知らなければ、納税者と税務署員だけの密室では税務署が法律に定めのないことも強要している事実が明らかになる事件です。税金の相談は民商へと声を広げていきましょう。

今年も無料大腸健診を行います

上京民商共済会では、3月15日締め切りで、無料大腸健診を行ないます。

食生活の欧米化によって大腸がんは急激に増加しています。食生活の欧米化とは高脂肪、高蛋白、低繊維の食事のことです。大腸がんの発生年齢は40歳代から増加し、60歳代の人が最も多くなっています。

今回も、共済会で財政負担をして、無料で行います。

申し込みは、今後の班会などでお申し込み下さい。

上京民商新春の集い

恒例の新春の集いを行います。会員同士の交流の場、新しい年の抱負も語り合いましょう。

とき:2013年1月20日(日曜)午後6時からはじめます
ところ:平安ホテル(烏丸中立売下る)
会費:3500円
着席ブッフェ、大皿料理となります。なお2次会も同ホテルのカラオケボックスを貸切しています。(カラオケボックス利用おひとり1000円程度)

年末年始の業務について

事務所は年末29日から休業し、年始1月7日より平常どおり業務を行います。