フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2012年7月2日号]

上京民商ニュース 2012年7月2日号

許せぬ増税談合、採決強行

消費税増税法案廃案に追い込もう

消費税増税を民主党、自民党、公明党が談合を重ねた挙句、衆議院で採決を強行しました。国民の6割7割の「増税反対」世論が広がる結果、民主党の議員も足がすくみ、57人が反対に回り、欠席棄権をあわせて反対は72人、実に民主党所属衆議院議員の4人に一人が賛成しませんでした。

公明も支持者からの突き上げに公明新聞紙上で言い訳を繰り返しています。

参議院で増税派議員は多数とは言え、国民世論の中では少数で日に日に孤立を深めています。

廃案の条件があります。増税をあおってきたマスコミも「消費落ち込む恐れ」(朝日)「家計の負担重く」(毎日)と大見出しで問題点を報道。「衆院を解散して信を問うべきだ」という主張も表れています。

怒りを広げ、反対の世論で「増税勢力」を孤立させましょう。闘いは、まだまだこれからです。

なお京都1区関係の議員では、自民、伊吹氏と公明竹内氏が増税賛成、民主党現職とこくた衆議院議員が反対しました。選挙でしっかり審判を下しましょう。

26日、怒りの宣伝、次々署名

上京民商も参加する消費税廃止上京連絡会は増税法案採決強行に抗議して、怒りの宣伝を出町桝形商店街で行いました。新婦人上京支部、京建労上京支部、上京生活と健康守る会、光正企業組合、上京民商から越智副会長、村上事務局長など、5団体から13人が参加しました。

生健会の猪田会長、上京民商村上事務局長が宣伝カーから訴えました。40分余り宣伝でしたが、若い人、買い物の女性などを中心に、テレビで法案の強行を知った人々が怒りながら「こんなときに増税なんて」「年金下がったのに」と署名が次々と集まりました。

越智さんが12筆集めるなど全体で23筆の署名が寄せられ、消費税増税、参議院で廃案にしようと道行く人々に呼びかけました。

国保行政改善、保険料減免申請書交付

7月11日(水)午前11時から、区役所

国民健康保険は、国の社会保障制度として、すべての国民に医療を受ける権利を保障する「国民皆保険制度」の土台の仕組みです。

社会保障とは、必要に応じて「サービス」を受ける、収入に応じて費用を負担するということが基本です。この考え方から、国保には収入によっては「保険料を減額」する仕組みを持っています。

国保料2つの減免制度

減免制度は、世帯の前年所得に応じて減額される仕組み制度(法定減免)と今年の所得の見込み額が減少し保険料の納付が困難な場合、直近の3ヶ月間の収入状況を申請し減額される制度(条例減免制度)の2つがあります。条例減免は申請しないと減額されません。

上京民商では、毎年「高すぎる国保料、払いきれない」「収入が減っている」状況を示して、国保料の減免に取り組んでいます。

国保でお困りの皆さん、上京民商にご相談下さい。

約束守り分納、滞納4万9千円でも財産差押?

市国保滞納5万世帯、生命保険もかけれないのか

23年度国保料5万円弱の残金の支払いが求められ、「一括で払わないと財産を差押する」と一方的に区役所職員に言われたKさんは、6月26日民商の仲間と一緒に再度国保課窓口に向かいました。

区は国保課細野係長が応対しました。彼は開口一番「少額分納は認められない、財産がある」「いつまでに払うのかというだけです」今回も一方的な上から発言に終始しました。

区との約束、誠実に守ってきたのに

最初の差し押さえ通知が3月8日、そこで、3月19日に32,100円を一括納入後、4月・5月と1万円ずつの分納をした結果、のこり49218円となっていました。

11月と3月の相談時に区とKさんが合意した区長名の「分割納付承認書」には、6月に再相談、残金について・・・の記述があります。Kさんは家族とご自分に生命保険をかけているそうです。区役所は、国保滞納者は生命保険などかけるのはまかりならんというかのごとき口ぶりでした。Kさんは「何べんも国保課に来たくない」と7月末までに一括で払うことになりましたが、なんで、あんなにいわれんならんと怒り心頭です。

国保料支払い遅れれば生命保険もかけれないか

事情を話し、誠実に分割納付を続け、滞納金額を5万円あまりにまで減らしてきた市民が、生命保険をかけていることを持って「悪質」呼ばわりで差押を乱発することは、職権乱用とも言えるものではないでしょうか?保険料徴収のあり方を定めた法律にのっとった公正な行政運用が求められる異常な事態です。

京都市議会で差押や資格証明書の発行やめよの共産党議員の質問に保健福祉局長は「納付意志を示さず、特別な理由も無く長期にわたって滞納している人に対し資格証明書や差押の実施することは負担の公平性からやむを得ない」と答弁しています。

源泉徴収納付計算会・記入会のお知らせ

青色専従者や従業員の給与、税金の1月から6月分を納付する時期がやってきました。(納付期日は7月10日)上京民商では集まっての書類記入作成会を例年どおり行います。ご希望の方はご参加ください。

7月6日(金曜)昼1時30分から3時、上京民商事務所

網の目平和行進のお知らせ

広島長崎の被爆から67年、福島原発事故から1年、核兵器も原発もゼロを訴えるパレードです。ぜひごいっしょに歩きましょう。

とき・ 7月7日(土)
パレード通過時間: 船岡山公園(2時45分)、千本中立売(3時35分)、府庁東門(4時)
市役所5時到着