フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2012年2月27日号]

上京民商ニュース 2012年2月27日号

西陣ドラゴンまつり1800人で成功

西陣ドラゴンまつり来場者のべ1800人を超え大成功となりました。

13日から19日にかけて開催された西陣ドラゴンまつりは、土日の職人展には1000人を超える来場者があり、のべ1800人を超える方がたに愉しんでいただけたようです。

18,19日の職人展は、オープニングに和太鼓サークールの太鼓演奏、古武実行委員長、内田副実行委員長の挨拶で始まりました。初日はあいにくの大雪で足元が悪いにもかかわらず、次々とこられるお客さん、50あるブースのあちこちで人の輪ができました。日曜日も500人を超える来場者、ものづくりの職人さんがあちこちで作品を語る姿がありました。

ものづくりの職人さん、作家さん、それぞれがお誘いいただいたお客さんが途切れることなくこられる様子に、中小業者の力を見せてもらったような取り組みになりました。今回のイベントが今後の職人さんたちの「ものづくりの発信」の経験として生かされ、またごいっしょの取り組みができればと思います。

映画「西陣の姉妹」も好評で270人の方々に鑑賞して頂きました。お世話いただいた皆さん、またお越しいただいたみなさん、ありがとうございました。

病気ないかと聞く納税課、聞かない国保課?

固定資産税分納相談で、区納税課に行った。分納すべきご本人は、失業中の男性、その母親に同行した。

彼女の世帯は、国保料の滞納もあり、これも分割納付をしているが、入退院を繰り返している夫にかかっている生命保険を、国保課は差押え、職権解約も行うことを、何度か言って来ている。分割納付の相談もいくらなら払えるかが中心の国保課。税の係りの人は、納税義務者本人の状況を詳しく聞こうとした。一昨年交通事故でけがをしたことなど聞き取っていた。これが当たり前の行政の態度だと思える、国保がひどすぎるということか?納税課が、すご〜く親切に感じる。

消費税増税アカンと民商で宣伝・署名

2月19日、上京民商では、消費税増税反対の声を上げよう、ひとりで悩まず民商へと呼びかけを広げようと、北野商店街、大将軍商店街へ「消費税増税反対」のビラを配りました。この行動には芦原会長、柴田常任理事、河野事務局が参加しました。

午前中で130軒ほどの店支度をする商店へ配りましたが、「10%はかなんね」という店主や「TPPは困る、もっと反対の宣伝してくれ」という店主などもいました。

10%上るって「ホンマ」連絡会も宣伝

2月22日、消費税増税反対宣伝署名行動を、消費税増税反対の上京連絡会で行いました。上京民商村上事務局長や生活と健康守る会猪田会長、新日本婦人の会上京支部市田支部長、光正企業組合職員、京建労上京支部森田書記など6人が参加しての40分間、堀川今出川上ルのスーパー前で、宣伝カーから呼びかけ、署名をお願いしました。「へぇ・・10%にあがるの?」と驚くご婦人やら、駆け寄って署名してくれる青年などもありました。70歳過ぎの男性からは、賃織の仕事がなくなって、夫婦で年金月10万円ほどで食べかねてると生活相談もありました。

増税反対の声を上げましょう

@ 消費税増税署名を集めましょう
A 消費税増税反対意見広告ポスターにご協力下さい

京都の民商では、1000人の会員の賛同を募って意見広告ポスターを計画しています。賛同者は1口500円を戴いて、ポスターにお名前を列挙する予定

共済会へお礼のハガキ

おおきな手術のあと、退院してもすぐに仕事ができず、生活の不安があったのですが、給付金が受けられたのは本当に助かりました。仕事復帰までの期間に現金が入ることは本当にありがたいことです。共済に入っていて良かったと本当に心から思いました。ありがとうございます。
  仁和支部 Kさん